白菜

「白菜」には酸化還元酵素がたっぷり

「白菜」は、植物学の分類上では、ブロッコリーやキャベツの近縁種となっている、アブラナ科の二年生植物です。
西洋のキャベツに対し、東洋を代表する葉野菜が「白菜」であるといわれており、中国では豆腐、大根とともに「養生三宝」の薬食とされていて、精進料理や薬膳で欠かせない野菜として用いられています。

「白菜」は英語では「Chinese cabbage」というそうですが、この言葉は他の中国野菜のことを指す場合もあるので、正確に「白菜」を伝える場合には「Napa(Nappa)cabbage」と言った方が早いそうです。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

「白菜」の自己防衛本能が抗がん作用にピッタリ

日本の食卓では馴染み深い食材である「白菜」ですが、日本に初めて伝来したのは1875年(明治8年)であり、意外とその歴史は浅くなっています。

明治時代に政府主導で「白菜」の栽培が本格的に進められましたが、ほとんどの地域で上手くいかず、日本で広く普及し始めたのは、日清・日露戦争の後だそうです。

その戦争の際に従軍兵士が「白菜」の種子を戦場から持ち帰って各地で栽培されたのが普及のきっかけだったようなので、「白菜」は日本では20世紀に入ってから急速に普及した野菜といえます。

そんな「白菜」は、特にがん予防の効果が高いといわれている野菜の一つとなっています。
「白菜」には、活性酸素を削除する酵素の元となる酸化還元酵素である、スーパーオキシドディスムターゼ(SAD)やジチオールチオニンが含まれているということが、その要因と考えられています。

スーパーオキシドディスムターゼ(SAD)には、がんの原因となる活性酸素から電子を抜き取り、過酸化水素と酸素だけにして、無害にしてしまうという働きがあり、ジチオールチオニンには発がん物質を阻害し、がん細胞の発生を予防して、DNAを守るという働きがあります。

このような働きは、「白菜」の自己防衛本能によって引き起こされていると考えられています。

「白菜」には辛み成分である、グレコシノレートという成分も含まれており、これにもがん予防効果があります。

グレコシノレートには、肝臓の解毒作用を活性化する働きがあり、加熱されても分解されないという特徴があります。
また「白菜」には、微量元素であるモリブデンも含まれており、これには発がん物質である亜硝酸アミンの蓄積や吸収を防ぎます。

さらに、「白菜」には食物繊維も大量に含まれているので、大腸がんの予防効果も期待できます。

「白菜」は前述の通り、アブラナ科の野菜ですが、米国で発表された研究では、アブラナ科の野菜をたくさん食べた乳がん患者の生存期間がのびたというものがありました。

研究チームはアブラナ科の野菜に含まれるインドール、イソチオシアネート等の植物化学物質が、乳がんによる死亡リスクを下げる効果を発揮しているのではないかと見ているそうで、今後さらに、それらの植物化学物質と乳がんとの関係性について研究を進めていくそうです。

このような「白菜」のがん予防効果を十分に発揮させる摂取の方法としては、キムチがベストな食品だといわれています。

漬物であるため、加熱に弱い抗酸化物質も効果を持続させたまま摂取できますし、唐辛子と一緒に漬けられることからカプサイシンの効果もプラスされます。

辛み成分である、カプサイシンには、脂肪を燃やして活性酸素が発生するのを防ぎ、基礎代謝を上げる働きもあり、冷え性を改善したり、ダイエット効果、免疫力をあげる効果が期待できます。

また、発酵していることから、乳酸菌の効果も加わるため、がん予防効果を一層高めることができます。
このような理由から、がんを予防したいという方に、「キムチ」は是非おすすめしたい食品です。

「白菜」に加えて更に免疫力を上げたいならブロリコ。

前述のとおり、がん予防に関しても高い効果が期待できる「白菜」。
簡単に摂取できる食材であり、非常にお勧めの食材です。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

ですが、更に効果が高い食材として知られているのが「ブロッコリー」って知っていましたか?

さらに言うと、ブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、同様に免疫活性を目的とする成分である「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ブロリコには人間の免疫力そのものである「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる作用があることが臨床試験で認められているのです。

正直、癌の予防&対策の為には「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させるが最重要であり、一般的な癌に良い食べ物といういのはイコールで「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる食べ物なんです。

そんな中で「ブロリコ」はダントツ1位の活性化率であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーと言われるほど。

白菜をふんだんに食べるのも良いですが、それに加えてブロリコを服用したほうが効率が非常に良いんです。

とりあえず無料のブロリコ詳細冊子を手に入れましょう。

東京大学とイマジン・グローバル・ケア株式会社が共同で特許を取得した自然免疫活性成分『ブロリコ』
正直、「免疫について」や「免疫の働き」、「ブロリコの効果、効能」をこのページだけでは紹介しきれません。

気になる方は是非とも無料(100名)の免疫についてわかりやすくまとまった冊子をゲットしましょう♪

実際にブロリコを飲んでみました。匂いや味、大きさは?




ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. フコダイン サプリ 効果 ガン
    フコダインとは??海藻から抽出した最新のガン対策素材 日本人にはお馴染みの健康食品「海藻」。 …
  2. 大腸癌 祖母
    「転移性脳腫瘍」と「原発性脳腫瘍」に分類することができる脳腫瘍 人間の脳は頭蓋骨に覆われていて…
  3. 食事 癌 予防 食材
    医食同源。食事で免疫力を上げてガン予防、治療、再発防止しましょう。 癌の治療はまさに「闘病」で…
  4. 小橋建太
    現役で活躍されていた2006年に腎臓癌を患ったことを公表しています。 小橋健太さんは、19…
  5. アルキル化剤 分類 副作用
    【まとめ】抗がん剤とは?効果や副作用、種類一覧 癌の治療には外科手術から免疫療法、食事療法、運…
  6. 胃がん 手術 費用
    胃がんの手術は基本的に外科手術がメイン。 「胃がん(胃癌)」の治療は手術と共に抗がん剤治療を再…
  7. フコキサンチン
    超貴重成分!アポトーシス誘導を促すフコキサンチンとは? 最近、癌業界や健康業界で大いに聞くよう…
  8. 胆のう癌
    胆のうと胆のう管から発生する悪性腫瘍 胆のうは、十二指腸と肝臓をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓…
ページ上部へ戻る