ほうれん草 癌

ベータカロチンたっぷりのほうれん草!

「ほうれん草」は、日本全国で栽培されている、植物学分類上はヒユ科アカザ亜科に属する野菜であり、同じヒユ科に属する野菜としては、アマランサス(仙人殻)等があります。

涼しい場所で栽培された方が味も栄養面も向上するという特徴があり、「寒締め」と呼ばれる収穫前に冷温にさらしたものには、ビタミン類の濃度の上昇や、糖度の上昇が発生します。

日本には16~17世紀頃に中国から東洋種の「ほうれん草」が伝来し、伝来当初は「唐菜(からな)」と呼ばれていましたが、現在は中国語の「菠薐(ホリン)」が転化して「ほうれん草」と呼ばれています。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

江戸時代の「日々徳用倹約料理角力取組」という節約おかず番付の書物にも「ほうれん草」の記述が残っていることから、当時から庶民に広く食されていたと思われます。

19世紀になると新たに西洋種が伝来しますが、伝来当初は土臭さやアクの強さからあまり好まれず広く普及はしませんでした。

その後、大正末期~昭和初期にかけて、食べやすく改良された交配品種が作られ、徐々に普及していき、戦後は品種改良がさらに進み、アニメ「ポパイ」の影響もあって、庶民の食卓に定着するようになりました。

ベータカロチンは、がんの増殖抑制に有効であるといわれています。

「ほうれん草」には、ベータカロチンが多く含まれていますが、このベータカロチンは、がんの増殖抑制に有効であるといわれています。
各種のがん患者の血液検査において、ベータカロチンのレベルが非常に低いというデータは以前から確認されてきました。

確認された当初は、がんにかかることによってベータカロチンのレベルが下がってくると考えられてきたのですが、近年、そのベータカロチンのレベルが低いがん患者の家族の血液検査を実施したところ、そのがん患者と同様にベータカロチンのレベルが低いということが判明したのです。

この結果より、がんにかかることによってベータカロチンのレベルが下がるということではなく、ベータカロチンのレベルが低いと、がんの発症率が高くなるということがいえると考えられます。

したがって、100g(1/2束)中3.6mgという豊富なベータカロチンを含んでいる「ほうれん草」を摂取して、日頃からベータカロチンのレベルを高く維持するようにしていれば、がんの発症率を低く抑え続けることができます。

また、「ほうれん草」には、エポキシカロチロイドのルティン、酸化カロチロイドのキサントフィル、クロロフィル、ビタミンC等の抗酸化成分も含まれており、これにも制がん効果が期待できます。

食べ合わせが悪いと発がん物質が生成されるということもあるようです。

このように栄養豊富で制がん効果も期待できる「ほうれん草」ですが、食べ合わせが悪いと発がん物質が生成されるということもあるようです。

例えば、「ほうれん草」とベーコンのソテーでは、「ほうれん草」には体内で体内で亜硝酸に変わる硝酸が、ベーコンには食品添加物として亜硝酸ナトリウムが含まれているため、この亜硝酸とタンパク質の分解物が反応すると発がん物質が生成されるといわれています。

ただ、ほとんどの野菜は硝酸を含んでいるため、この食べ合わせだけが特別危険だというわけでもないようです。
また、食事の際にビタミンを一緒に摂取することで、硝酸が体内で亜硝酸に変化することを抑えることもできます。

「ほうれん草」とベーコンのソテーを食べたいと思った時には、ビタミンCが豊富なレモンを絞ったり、サラダやフルーツジュース等と一緒に食べるようにしましょう。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

「ほうれん草」に加えて更に免疫力を上げたいならブロリコ。

前述のとおり、がん予防に関しても高い効果が期待できる「ほうれん草」。
簡単に摂取できる食材であり、非常にお勧めの食材です。

ですが、更に効果が高い食材として知られているのが「ブロッコリー」って知っていましたか?

さらに言うと、ブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、同様に免疫活性を目的とする成分である「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ブロリコには人間の免疫力そのものである「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる作用があることが臨床試験で認められているのです。

正直、癌の予防&対策の為には「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させるが最重要であり、一般的な癌に良い食べ物といういのはイコールで「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる食べ物なんです。

そんな中で「ブロリコ」はダントツ1位の活性化率であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーと言われるほど。

ほうれん草をふんだんに食べるのも良いですが、それに加えてブロリコを服用したほうが効率が非常に良いんです。

とりあえず無料のブロリコ詳細冊子を手に入れましょう。

東京大学とイマジン・グローバル・ケア株式会社が共同で特許を取得した自然免疫活性成分『ブロリコ』
正直、「免疫について」や「免疫の働き」、「ブロリコの効果、効能」をこのページだけでは紹介しきれません。

気になる方は是非とも無料(100名)の免疫についてわかりやすくまとまった冊子をゲットしましょう♪

実際にブロリコを飲んでみました。匂いや味、大きさは?




ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
  2. 悪性リンパ腫
    「悪性リンパ腫」は全身のどこにでも発生する可能性が。 人間の身体の血液内のリンパ球とは白血球の…
  3. 小児がん
    15歳以下の小児がかかってしまうがんの総称を「小児がん」といいます 「小児がん」の主な種類とし…
  4. 腎細胞がん
    発生率は女性の2~3倍といわれる腎細胞癌(がん) 腎臓は長さ約10cm、幅約5cm、厚さ約3c…
  5. 胆道癌(胆道がん)
    日本では年間約23000人の方が「胆道癌」を発症 胆道とは、胆汁という肝臓でつくられる汁を、十…
  6. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  7. アガリクス_ヒメマツタケ
    しっかりとした科学的根拠があるキノコ「ヒメマツタケ」 日本癌学会、日本薬理学会をはじめ、各種機…
  8. 胃癌 食事メニュー 術後
    胃癌にとって、食事は非常に大事な要素なんです。 「胃がん」の発がん率のデータとして、同じ日本人…
ページ上部へ戻る