アボガド 抗がん剤

「生命の源」と呼ばれるほど貴重な果実「アボカド」

「アボカド」は、クスノキ科の常緑果樹で、形が梨に似ていて表皮がザラザラしていることから鰐梨(Alligator Pear)、果肉がバター状をしていることからバター・フルーツ(Butter-fruit)とも呼ばれています。

原産地はメキシコの湿潤地域や中央アメリカ(エクアドル、コロンビア)ですが、現在では、世界各国の温帯、亜熱帯、熱帯気候の地域で栽培されています。
「アボカド」の現在の主要生産国はイスラエル、インドネシア、ペルー、アメリカ(ハワイ、フロリダ、カリフォルニア)、ハイチ、メキシコ、ブラジル、ドミニカ等となっており、日本でも栽培されています。

日本では、もともとなじみの薄い果物でしたが、「アボカド」の健康作用や高い栄養価が注目されるようになり、欧米風の料理が浸透してきたこともあって、現在では日本でも食材としての利用が増えています。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

他の野菜や果物には含まれていない抗がん物質があるアボガド

原産地の中央アメリカでは「生命の源」と呼ばれるほど貴重な果実であり、アーユルヴェーダ等の伝統医療にも使用されており、気管支炎、下痢、糖尿病、月経過多、高血圧、胃の痛み等を改善する効能があるとされています。
また、「アボカド」には糖質の含有量が極めて少ないという特徴があります。

他の多くの果物が100g当たり10~20g程度の糖質(食物繊維を省く炭水化物)を含むのに対して、「アボカド」の果肉可食部分100g中に含まれる糖質は1g以下となっています。

「脂肪族アセトゲニン」って??

「アボカド」の健康作用が知られるにしたがい、がんの領域でも「アボカド」によるがん予防効果や抗がん作用に関する研究が盛んに行われるようになってきています。
その中で「アボカド」にのみ含まれていて、他の野菜や果物には含まれていない「脂肪族アセトゲニン」の抗がん作用に関する研究が幾つか報告されており、「脂肪族アセトゲニン」が上皮成長因子(EGF)がその受容体(EGFR)に結合することによって活性化されるEGFR/RAS/RAF/MEK/ERK1/2というシグナル伝達系を阻害し、がん細胞の増殖を阻害する作用があるということが報告されています。

このEGFR/RAS/RAF/MEK/ERK1/2というシグナル伝達系は、多くのがん細胞において活性化されているため、この経路を阻害する作用があるということは、抗がん作用が期待できるということになります。
また、この「脂肪族アセトゲニン」が、細胞内での脂肪酸合成の律速酵素であるアセチルCoAカルボキシラーゼを強力に阻害するという報告もあり、がん細胞では脂肪酸合成が亢進していることから、脂肪酸合成を阻害する働きがあるということは、がん細胞の増殖を抑える効果があります。

さらに「脂肪族アセトゲニン」には、紫外線による皮膚のダメージを防御する抗炎症作用の効果も報告されており、この抗炎症作用はがんの予防や治療にも有用となっています。

がんの中鎖脂肪ケトン食療法に非常に都合が良い食材となっています。

このように、「アボカド」は糖質が非常に少ない果物であり、脂肪酸合成や増殖シグナル伝達経路を阻害する作用が期待できるので、がんの中鎖脂肪ケトン食療法に非常に都合が良い食材となっています。

がんの予防や治療において、野菜や果物を多く摂取することは有用なのですが、糖質はがんを促進してしまうので、糖質の多い野菜(ジャガイモ、人参等)や果物の摂り過ぎには注意が必要となります。

その点、「アボカド」は糖質が少なく栄養価が高いので、がんの予防や治療において有用で都合が良いといえるのです。

アボガドのお勧めの食べ方は??

「アボカド」を輪切りにすると、果皮の直下は緑色が濃くなっており、内部ほど薄い色になっていますが、緑色の濃い部分にカロテロイドが多く含まれているので、果皮の直下の部分をロスしないように食べることが大切ですので注意しましょう。

「アボカド」を使用した料理は数が多く、しかも美味しいものが多いので、ケトン職や糖質制限食によるがん治療や、がん患者の栄養補給に強くおすすめします。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

「アボカド」に加えて更に免疫力を上げたいならブロリコ。

前述のとおり、がん予防に関しても高い効果が期待できる「アボカド」。
簡単に摂取できる食材であり、非常にお勧めの食材です。

ですが、更に効果が高い食材として知られているのが「ブロッコリー」って知っていましたか?

さらに言うと、ブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、同様に免疫活性を目的とする成分である「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ブロリコには人間の免疫力そのものである「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる作用があることが臨床試験で認められているのです。

正直、癌の予防&対策の為には「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させるが最重要であり、一般的な癌に良い食べ物といういのはイコールで「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる食べ物なんです。

そんな中で「ブロリコ」はダントツ1位の活性化率であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーと言われるほど。

キノコ系をふんだんに食べるのも良いですが、それに加えてブロリコを服用したほうが効率が非常に良いんです。

とりあえず無料のブロリコ詳細冊子を手に入れましょう。

東京大学とイマジン・グローバル・ケア株式会社が共同で特許を取得した自然免疫活性成分『ブロリコ』
正直、「免疫について」や「免疫の働き」、「ブロリコの効果、効能」をこのページだけでは紹介しきれません。

気になる方は是非とも無料(100名)の免疫についてわかりやすくまとまった冊子をゲットしましょう♪

実際にブロリコを飲んでみました。匂いや味、大きさは?




ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 大腸癌 症状 特徴
    泌尿器系の癌の中では前立腺癌に次いで2番目に多い癌。 膀胱は下腹部に位置している臓器で、腎臓で…
  2. 胆のう癌
    胆のうと胆のう管から発生する悪性腫瘍 胆のうは、十二指腸と肝臓をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓…
  3. 定期 検診 検査
    手術と抗がん剤で治療し、今では5年経過して完治しています。 しかしその経過を聞いていると、もう…
  4. 宮川花子 胃がん
    宮川花子さんは、1988年10月末に胃癌を宣告されています。 宮川花子さんは、日本の夫婦漫才コ…
  5. フランDグルコース_とは
    ほぼ100%の癌細胞成長抑制!?って本当なの? 2015年、ガン業界に激震が走りました。 …
  6. 胃がん ステージ3
    ガンと付き合い始めて2年目。若い頃の悪事の報い?? 悪い予感というのは当たるんですかね。 今…
  7. 健康診断 定期検診
    大学病院で精密検査を受けてくださいと言われてから完治まで。 今から5年前の話です。 二人…
  8. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    私は「大腸がん」の宣告を受けました。 これは本当にラッキーだったのか、アンラッキーだったのか・…
ページ上部へ戻る