チェック 検査 セルフ

「この便秘薬飲んで、出てこないようなら1度診てもらったほうがいいよ」

あの時、友人の医者の助言をもっと素直に聞いていたら…。それから2年後のクリスマス、私は病院のベッドの中でした。

生まれて初めての便秘

2010年、妻と2人でフィリピンに移住した私は、それまで患ったことがなかった便秘になりました。
これまで、意識もしていなかったのに。

便意に襲われて、トイレに駆け込んでも、なかなか出てこない。

額から脂汗が流れるくらい頑張っても、小指の先ぐらいの塊がちょっとでるだけ。

後でインターネットで調べた話で、住む環境や食べ物が急変すると便秘になることがあるそうですが、その時の便秘はまさにそうだったのです。

それから、「出ない、出ない」と1か月ほど苦しみましたが、新しい生活に慣れた頃にはすっかり治っていました。

2回目の便秘?

2013年春、また少しづつトイレの中で苦戦するようになりました。便意はあるのになかなか出ない。タバコやビールをがぶ飲みすると、激しい下痢に襲われて。

「また便秘か…」

私は以前の経験を思い出し、そのうち治るだろうと高を括っていたのです。

「この便秘薬飲んで、出てこないようなら1度診てもらったほうがいいよ」
遊びに行った友達の家。彼はそう言いながら、瓶に入った薬を手渡してくれました。

ですが、インターネットの医療サイトに書いてあることを信じていた私は、食生活を改善したら治るとぐらいに軽く考えていて、検査なんか毛頭受けるつまりはありませんでした。

ついに大腸ガン発病

2014年3月、日曜日の朝

日曜日は妻と買い物に行く日。
この日も出かける前にトイレに入ったのですが、「い、痛い!」最初は下腹部に針で刺したような痛みが走って…。

それから、どんどん痛みが増してきます。
今まで経験したことのない激しい痛み。

私はたまらずトイレから這い出して、ベッドの中で七転八倒。

「頼む治まってくれ!」と激しい痛みの中で祈るのですが、だんだん息が苦しくなってきます。

妻は横で、「あなた、大丈夫!?どうしたの?」と叫んでいました。

緊急手術

「腸が破れています。すぐに手術しないと危ない。いいですね!」

医師が苦しむ私の耳元でそう叫んで、すぐさま手術室へ。

私は手術室のベツドに寝かされ、頭の上の照明を見ながら思いました。何でもいいから楽にしてくれ…。

大腸ガン

後で医師に聞かされたのですが、

・大腸の入口に大きな出来物ができて、便道を塞いでいたこと。
・とりあえず、腸を途中で切断しておへその横に人口肛門を作ったこと。
・出来物を切り取ろうとしたが、血圧が50以下に低下して危険を感じたので、切らずに手術を中断したこと。
・出来物はガンだったこと。
・体力が回復したら、転移する前に再手術を行うこと。

そんな医師の説明を受けながら、ガン?ガンだったのか…。目の前が真っ暗になって、それはひどいショックでしたね。

再手術

2015年12月。

私の一生で忘れられない日になりました。
ガン摘出手術。

手術は無事に終了しましたが、今年(2017年)になっても、手術をしたお尻がキリキリ痛んで寝られないことがあります。

手術をしてくれた医師に相談しても、なぜかニコニコ笑いながら鎮痛剤を処方してくれるだけです。来週はCTに入って再検査。もしも転移していたら…。今はそんな不安な気持ちで毎日を過ごしています。”




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 肝臓がん チェック項目
    「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓・・・症状は出るの? 肝臓に発生した悪性腫瘍のことを「肝臓がん」と…
  2. 卵巣がん 入院 費用
    がんと診断をされてから手術・化学療法・放射線治療・ホルモン治療を行いました。 私が乳がんと診断…
  3. 卵巣がん 初期症状
    「卵巣がん」には「沈黙の臓器(サイレントキラー)」という別名がついているほど。 卵巣は卵子を放…
  4. liver
    「沈黙の臓器」である肝臓に発生する癌 肝臓は、約3000億個以上の肝細胞が集まってできており、…
  5. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  6. 白血病とは?
    正常な血液の減少によって様々な症状が出る急性白血病 血液内の赤血球・白血球・血小板等の血液細胞…
  7. 大腸がん 検査方法 費用
    日本において、癌の罹患率は高齢化とともに上昇を続けています。 そのため、現在では、日本人の2人…
  8. 川島なお美 ガン
    川島なお美さんは最初に癌の診断を受けてから2年後に亡くなっています。 川島なお美さん(1960…
ページ上部へ戻る