肺がん 症状 特徴

肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が様々な要因によって癌細胞化

「肺癌」は肺に発生する悪性腫瘍であり、肺の上皮細胞由来のものとなっています。
近年、その患者数は増加傾向であり、日本では、高齢の男性が発症する癌のなかで、もっとも発生頻度が高くなっており、全ての癌死の19%を占めています

また、女性においては全ての癌死のなかで、大腸癌(結腸癌および直腸癌)・胃癌につづいて3番目を占めている癌です。
さらに、WHOの試算では、世界中で年間130万人ほどがこの疾患で死亡しており、世界的に最も致死的な癌だとされています(国際肺癌学会による)。

進行が速く、転移しやすいという特徴の肺がん・・・原因は?

「肺癌」は肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が様々な要因によって、癌細胞化したものです。
「肺癌」は進行していくと、周りの組織を破壊しながら増殖を繰り返し、血液やリンパ用の流れに乗って体全体に広がっていきます。

そのため、進行が速く、転移しやすいという特徴があります。
「肺癌」は肺の細胞の中にある遺伝子が変異することで生じます。

その変異の原因としては、喫煙と受動喫煙が代表的です。
その他、アスベストやアルミニウム、ヒ素等も原因となるとされています。

したがって、ヘビースモーカーで高齢男性には、要注意の癌だといえます。

「肺癌」は大きく分けると、「小細胞癌」と「非小細胞癌」の2種類

「小細胞癌」とは・・・治療法は?

「小細胞癌」は増殖が速いため、副腎・骨・脳・リンパ節・肝臓などに転移しやすい癌となっており、「肺癌」全体の約15~20%を占めています。
このように悪性度の高い癌ですが、「非小細胞癌」よりも放射線治療や抗がん剤の効果が得やすい癌でもあります。

「非小細胞癌」とは・・・治療法は?

「非小細胞癌」は大細胞癌、腺癌 、扁平上皮癌等の「小細胞癌」ではない「肺癌」の総称で、「肺癌」全体の約80~85%を占めています。
それぞれの癌において、症状、発生しやすい部位、進行形式や進行速度は異なりますが、いずれにしても放射線治療や化学療法での治療効果が得にくいため、治療は手術が中心となります。

症状と特徴、初期症状は??

「肺癌」の症状としては、痰、血痰(血の混じった痰)、胸の痛み、咳、呼吸困難(息切れ、息苦しさ)、体重減少等があらわれます。
ただ、これらの症状は「肺癌」特有の症状ではないため、症状があったとしても「風邪やタバコのせい」だと思ってしまい、発見がおくれてしまうことが多々あります。

また、気管・気管支に発生するタイプの肺癌については、血痰や咳、呼吸困難などの比較的重い症状が出やすいため、早期発見も可能となっていますが、肺の末梢に発生するタイプの肺癌については、癌が大きくなるまで無症状のことが多いので、さらに注意が必要となります。

4週間以上、前述のような呼吸器の症状が続いた場合には、医療機関を受診することをおすすめします。

「肺癌」の生存率・5年死亡率は・・・

「肺癌」の5年生存率は、他の全種類の癌の平均よりも下回っておりますので、比較的予後が悪い癌であるということがいえます。
「肺癌」の5年生存率は最も早期のステージIにおいて、71.7%ですが、ステージIIでは38.3%と大きく下がり、ステージIVになると4.3%とかなり低くなってしまいます。

「肺癌」は前述の通り、進行が速く転移しやすいため、リンパ節へ転移してしまうことが多く、脳や骨髄へも転移しやすいので、その結果、治療が難しくなるケースが多いというのが、その理由と考えられます。

「肺癌」の治療法としては、薬物療法、放射線療法、外科療法(手術)が中心

それぞれ治療中や治療後に合併症や副作用があらわれる可能性があります。
また、その「肺癌」が、「小細胞癌」か「非小細胞癌」によって、治療方法は大きく異なります。

「小細胞癌」は、放射線治療や化学療法(抗がん薬)の効果が得やすいので、第一選択は抗がん薬の全身投与となり、これは患者が高齢者でも同様な治療効果が期待できます。

この治療法での治療成績は限局型(LD:肺の胸腔内に癌がとどまっているケース)で、5年生存率:20~30%、広範型(ED:肺の胸郭外に癌の転移があるケース)で、2年生存率:10~20%、となっています。

また、転移が確認されない時期に、放射線の予防的照射を脳に実施するケースもあります。
「非小細胞癌」では、手術による病巣の切除とリンパ節の郭清(かくせい)が第一選択となりますが、これは病巣が肺の片側に限局しているケースです。

病巣と反対側のリンパ節にも転移が認められてしまった場合は、同時に抗がん薬の投与も必要となってしまいます。
最初の診断時より転移が認められてしまった場合や、患者の状態等により手術が行えないケースでは、放射線治療と抗がん薬の投与が治療の中心となります。

治療が困難な肺がんは予防が重要

いずれの治療法においても、完治が非常に困難な癌が「肺癌」なので、その予防が重要となります。
まず、禁煙が最も重要ですが、検診の定期的な受診も同じくらい重要です。

人生の晩年を安らかに過ごすために、定期的に検診を受け、癌の早期発見を心がけるようにしましょう。

肺がんの症状を軽減、副作用を少しでも軽減するために

肺がんの治療の場合、放射線治療や抗がん剤治療を受ける方が多いと思います。
抗がん剤の副作用には骨髄抑制をはじめ、吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

副作用に悩んでいる方は是非ともチェックをしてみてください。

抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. チェック 検査 セルフ
    通常の癌検診では、食道癌発見できませんでした。 2014年の正月おせち料理を頂いているときに、…
  2. 家族
    私の母親は健康体で大きな病気もしたことがない人でした。 そのため本人もまさか自分がガンになるとは思…
  3. チェック 検査 セルフ
    人間の骨に発生する悪性の腫瘍のことを「悪性骨腫瘍」といいます。 人間の骨に発生する悪性の腫瘍の…
  4. 癌細胞を消し去る効果が期待できるキングアガリスク ガン予防、ガンの再発防止、抗がん剤の副作用軽…
  5. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
  6. 前立腺がん
    自覚症状はほとんど無い前立腺癌(がん) 前立腺とは、栗の実のような形をして恥骨の裏側に位置して…
  7. 胃癌 チェック項目 初期症状
    日本人女性の死亡者数がもっとも多いガンのランキング紹介 現在、日本人の死因の第1位はがんとなっ…
  8. 癌 検査 検診 費用
    ステージ4の末期がんを宣告されるとは思ってもみませんでした。 たまたま毎年の定期的な健康診断を…
ページ上部へ戻る