分子標的薬 抗がん剤

【まとめ一覧 】分子標的薬とは?ガン細胞だけを治療する効果。


ガン治療で一番の難関と言われるのが「ガン細胞だけを治療する」という事。
各種治療方がありますが、ネックなのがガン細胞だけではなく健康な細胞まで攻撃してしまう事なんです。

そんな問題に対して開発されたのが今回紹介する分子標的薬です。


分子標的薬とは?簡単に言うと・・・


分子標的薬を簡単に言うと、「体内の特定の分子だけに効果を及ぼすクスリ」です。

そう、前述のガン治療で一番の難関と言われる「ガン細胞だけを治療する」事を可能にしたのが分子標的薬なんです。

抗がん薬の多くは、悪性のがん細胞だけでなく正常な細胞までも攻撃してしまいます。


このため、多くのガン患者さんが重度の副作用に悩んでいるのです・・・


しかし、この分子標的薬であれば「ガン細胞だけを治療する」事が可能なため、他の抗がん剤と比較して副作用が非常に軽度なことが大きなポイントなんです。


分子標的薬の作用、効果・効能は?


分子標的薬がなぜ、ガン細胞だけに効くのか、その理由は分子標的薬の作用が関係しています。

がん細胞等、特定の細胞が持つ特異的な性質を遺伝子・ゲノム・分子レベルでとらえて作用するのです。


というのも、分子標的薬の成分が病気の細胞の表面にあるたんぱく質や遺伝子をターゲットとして捉える事が最大の理由です。


この特定の細胞をターゲットにできるっていう事がポイントなんですね。


とはいっても、完全に正常で健康な細胞に作用しないわけではありません。

症状によってや、分子標的薬の種類によっては副作用が確認されているので注意をしましょう。


【まとめ】分子標的薬一覧


リツキシマブ(リツキサン)
>>世界でベストセラーの抗がん剤

トラスツズマブ(ハーセプチン)
>>HER2蛋白に特異的に結合する事で抗腫瘍効果を発揮

タミバロテン(アムノレイク)
>>耐性急性前骨髄球性白血病に用いられる経口剤

ダサチニブ(スプリセル)
>>複数の細胞増殖に関係する酵素の働きを阻害する

トレチノイン(ベサノイド)
>>人間の体内に入ると細胞の遺伝子核に入り込む

セツキシマブ(アービタックス)
>>転移性大腸がん、EGFRの発現を伴わない頭頸部がんの治療

ゲムツズマブオゾガマイシン(マイロターグ)
>>抗体薬物複合体の1つで、主に急性骨髄性白血病の治療に使用

ゲフィチニブ(イレッサ)
>>手術不能となってしまった非小細胞肺がんに対する治療薬

イブリツモマブチウキセタン(ゼヴァリン)
>>骨髄増殖性疾患等に使われる分子標的薬

ソラフェニブ(ネクサバール)
>>腎がん・肝細胞がんの治療に用いられる分子標的薬

エルロチニブ(タルセバ)
>>膵臓がんもしくは、切除不能又は再発した非小細胞肺がんに用いる分子標的薬

ボルテゾミブ(ベルケイド)
>>形質細胞性骨髄腫や多発性骨髄腫の治療に使用される分子標的薬

イマチニブ(グリベック)
>>Bcr-Ablを標的とした分子標的治療薬

エベロリムス(アフィニトール)
>>免疫抑制剤としての使用及び、腎細胞がん治療薬としても有用な分子標的薬

ラパチニブ(タイケルブ)
>>手術不能乳がんまたは再発乳がんに対し使用される分子標的薬


欧米では従来の抗がん剤「殺細胞剤」よりもメジャーに


副作用が少ないという、非常に魅力的な効果・効能の為、ガン治療において大いに使われるようになってきました。

特に欧米では従来の抗がん剤「殺細胞剤」よりもメジャーに用いられているそうです。

まだまだ日本においては保険適用されていなかったり、認可されてないものも多いようですが、徐々に徐々に保険適用になり始めているようですね。


人によって症状も異なりますので、一概に分子標的薬をおすすめするわけではありませんが、もっともっと開発や認可が広がれば癌治療の幅が広がりますので歓迎していきたいですね。


抗がん剤の副作用を少しでも軽減するために

前述のとおり、「ガン細胞だけを治療する」事が可能な分子標的薬ですが、どうしても副作用が発生することもあります。

吐き気やだるさ、免疫力の低下等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。


既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。


副作用に悩んでいる方は是非ともチェックをしてみてください。
自然由来の成分なので通常の抗がん剤治療と合わせて服用でき、安心して併用できるのも魅力ですね。

副作用だけではなく、ガンそのものの拡大を抑制できるのでお勧めです。


抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。







関連記事



おすすめ記事

  1. ブロリコ飲んでみました。
    これからブロリコを購入しようとしている方へ。 加齢による免疫力の低下を防ぎ、高めてくれる成分と…
  2. 前立腺がん 手術 費用
    私の母が子宮体癌なったのは5年前でした。 母はお腹の張りがあるのと尿の出が悪いからと言うことで…
  3. 精巣ガン 検査
    身体全体の部位で「悪性リンパ腫」が発生する可能性があるといえます。 人間の血液中には、出血を止…
  4. 宮迫博之 スキルス性胃がん
    ステージ1A期の初期スキルス胃がんで胃を切除。再発は? 毎日テレビで見かけるほど大人気のお笑い…
  5. 抗がん剤 治療 副作用
    私のがんは、「小葉(しょうよう)がん」です。 43歳で乳がんになりました。 私のがんは、「小…
  6. 健康診断 定期検診
    私の母親は4年前に卵巣癌と診断されました。 見つかった時点でステージ4の末期の状態でした。 …
  7. 陰茎癌
    「潰瘍浸潤型」と「乳頭状増殖型」の2つに分類 「陰茎癌」は人口10万人あたりの死亡率が約0.1…
  8. 胃癌 症状 特徴
    症状が非常にわかりづらい!胃の粘膜にできた悪性腫瘍 「胃癌(胃がん)」は日本では、肺癌に次…
ページ上部へ戻る