プラチナ製剤 作用機序 副作用

DNA複製を妨害し、ガン細胞の分裂を阻害するプラチナ製剤

貴金属であるプラチナと他の成分を合成して作られた抗がん剤「プラチナ製剤(白金製剤)」。

DNAのらせん構造と結合する働きをもっており、DNAの分裂を阻止することで癌細胞の増殖を抑える働きがあるとされています。



歴史も50年以上前から存在し、非常に古い歴史のある抗がん剤でもあります。
当時は非常に強い効果のある抗がん剤として注目を浴びましたが、その反面、副作用も強いため、研究に次ぐ研究が進み、現代では重度の副作用が起こりづらいプラチナ製剤が開発されています。

作用機序は?アポトーシス誘導も

ガン細胞にとどまらず、健康な細胞も含めてすべての細胞は成長⇒分裂という周期を繰り返していきます。

その周期の中で、「分裂期」に重要な作用がDNAの分裂です。

DNAはいわば細胞の核・中心。
まず、DNAが分裂し、複数に分かれたのち、改めて再結成することで細胞分裂がすすんでいくのです。

そこでプラチナ製剤(白金製剤)の出番です。

プラチナ製剤はDNAを構成する4種の塩基(素材・材料)のうち、2種の塩基と勝手に結合してしまうのです。

この作用によって、DNAを構成する素材・材料が変化してしまい、結果として細胞分裂が出来なくなってしまいます

ガン細胞が分裂しなければ転移等の心配も減りますし、再発等の可能性も低くなりますね。

DNAを構成する素材・材料が変化するので、副作用も強い

そう、プラチナ製剤(白金製剤)は非常に強い効果の反面、副作用も強いことが注意点です。

特に有名なプラチナ製剤である「シスプラチン」等では腎臓障害の副作用が確認されており、服用前には担当医師からしっかりと副作用について聞いておきましょう。



もし、シスプラチンを服用し腎臓障害の副作用が確認された場合は、大量の水分を摂取したり、輸液したりして腎臓の働きをサポートしてあげるようにしてください。

また、プラチナ製剤の他の副作用としては

  • 骨髄抑制
  • 聴力障害
  • 腎障害
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 脱毛
  • 頭痛
  • 血尿
  • 下痢
  • 肝障害
  • 貧血 etc…

など、多種多様な副作用が確認されています。
もちろん、何のガンなのか、症状によって副作用は変わってきます。

服用後、ちょっとした変化でも逐一担当医師に報告するようにしてくださいね。

特に吐き気、嘔吐には要注意

プラチナ製剤の副作用ですが、特に吐き気、嘔吐には要注意です。

特に有名なプラチナ製剤である「シスプラチン」等では吐き気、嘔吐の副作用を発症する方が非常に多く、殆どの方が服用後に吐き気、嘔吐の症状を訴えるようですので、予め認識しておきましょう。

プラチナ製剤の副作用を少しでも軽減するために

プラチナ製剤の副作用は強い効果の反面、吐き気、嘔吐、腎臓障害の副作用があるなど、一長一短の抗がん剤です。

上記のような頻出する副作用だけはなく、下痢、免疫力の低下、骨髄抑制等、多種多様な副作用がありますが、その抗がん剤の副作用を少しでも軽減するためにおススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

副作用に悩んでいる方は是非ともチェックをしてみてください。

また、全分子フコイダンエキスは基本的に自然由来のサプリメントであり、いわゆる「健康食品」扱いなのも非常にうれしいポイントですね。
「健康食品」扱いなので、各種治療を行いながらも併用できるのです。

更には非常に信頼性が高いのも藻力ですね。
抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. アルキル化剤 分類 副作用
    【まとめ】抗がん剤とは?効果や副作用、種類一覧 癌の治療には外科手術から免疫療法、食事療法、運…
  2. 私の母は肺がんでした。 それも診断された時には既に脳と足の骨に転移のあるステージ4、いわゆる末…
  3. 胆道癌(胆道がん)
    日本では年間約23000人の方が「胆道癌」を発症 胆道とは、胆汁という肝臓でつくられる汁を、十…
  4. 胆のう癌
    胆のうと胆のう管から発生する悪性腫瘍 胆のうは、十二指腸と肝臓をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓…
  5. ピロリ菌 胃癌
    ピロリ菌に感染していると胃がん生リスク増!!? ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」…
  6. 小児がん
    15歳以下の小児がかかってしまうがんの総称を「小児がん」といいます 「小児がん」の主な種類とし…
  7. フランDグルコース_とは
    ほぼ100%の癌細胞成長抑制!?って本当なの? 2015年、ガン業界に激震が走りました。 …
  8. チェック 検査 セルフ
    通常の癌検診では、食道癌発見できませんでした。 2014年の正月おせち料理を頂いているときに、…
ページ上部へ戻る