女性 癌治療 全分子フコダインエキス

日本国内では年間約9,000人の人が新たに「白血病」に罹患

「白血病」とは「血液のがん」で、主に血液の成分である血液細胞の「白血球」に発生し、通常は赤く見える血液が、がん化した白血球の異常増殖によって、白く見えることから「白血病」と呼ばれるようになりました。
ただ、現在では血液が白くなるまで診断がつかないということはほとんどなく、血液検査等で異常を発見できます。

「白血病」では正常な血液細胞が減少してしまうので、貧血・発熱・あざ・出血等の症状があらわれるようになり、免疫力も低下します。
そのため、ウイルスや細菌に感染しやすくなり、敗血症や肺炎等の感染症にかかりやすくなって、最悪の場合、死に至ります。

「白血病」は、「骨髄性白血病」と「リンパ性白血病」に分類され、さらに、それぞれ急性と慢性に分けられますが、「急性白血病」の場合には、治療をしなければ、数日~数ヶ月で死に至るというケースもあります。実際、日本国内では年間約9,000人の人が新たに「白血病」に罹患しており、年間約7,800人の人が死亡しています。

「白血病」全体の5年生存率は?

「白血病」全体の5年生存率をみてみると、

ステージⅠ期で約65~85%
ステージⅡ期で約40~60%
ステージⅢ期で約25~40%
ステージⅣ期で約10%以下

となっています。

ただし、この5年生存率は、「白血病」の種類やそれぞれに行った治療法等により大きく異なってきますので、あくまで目安の生存率となります。

また、「急性白血病」の場合、治療をおこなっても効果が少ないというケースもあり、前述のとおり、数日~数ヶ月で死に至ってしまうということもあります。

さらに、「慢性骨髄性白血病」が急性転化した場合、それまで使用していた抗がん剤の効果が全くなくなってしまい、約90%の患者が3~6ヶ月以内に死亡するといわれていますので、慢性白血病は急性転化する前の、慢性の内に治療することが重要となっています。



「急性白血病」の5年生存率は平均して約50~60%程度となっています。

種類別でみると、「急性リンパ性白血病」のほうが「急性骨髄性白血病」よりも5年生存率が高くなっているようです。
また、「急性リンパ性白血病」の5年生存率の平均は約40%程度ですが、小児の場合では約80%となっており、小児の方が治癒する可能性が高いという特徴があります。

完全寛解率でみると、平均約60~75%

「急性白血病」の5年生存率は前述の通り、高いとはいえない生存率ですが、完全寛解率でみると、平均約60~75%となっており、「急性リンパ性白血病」だけでみれば約60~85%と高い生存率となっています。

完全寛解率とは、「急性白血病」の治療が完了した後に、新しい血液が正常に作られたのを確認し、その血液に異常がなく、再発していない状態のことをいいます。

このように、「急性白血病」においては、完全寛解率のほうが生存率よりも高くなっているため、病気を完治できる確率のほうが高いということがいえると思います。

「急性白血病」のそれぞれのタイプによっても大きく異なってきます。

「急性白血病」の余命に関しては、発症時の年齢や治療法、また、「急性白血病」のそれぞれのタイプによっても大きく異なってきます。

また、前述の通り、「急性白血病」は治癒することもある病気であるため、余命の宣告自体を受けるということが稀です。

ただ、「急性白血病」が再発して、抗がん剤が効かなくなってしまったケースや、肺炎が併発してしまって危険な状態になってしまったというケースの際に、医師に余命の宣告のような言い方をされるということもあるようですが、それに関しても確定はされていません。

以前は「不治の病」とされてきた「急性白血病」も、抗がん剤療法や放射線療法、さらに新しい治療法である造血幹細胞移植や分子標的薬治療等を受けることによって、発症後の平均寿命を20年以上にすることもできるといわれています。

もしも医師に余命の宣告のようなものを受けるようなことがあった場合には、もう一度病気の状態や治療方針等をしっかりと確認するようにし、安心して治療を受けるようにしましょう。

白血病発症後、抗がん剤の副作用や再発防止にはフコダインがおススメ。

「急性白血病」は治癒することもある病気でもありますし、発症後の平均寿命を20年以上にすることもできるといわれています。
だからこそ、諦めずに様々なチャレンジをしていくことが出来る癌だと言えます。

しかし、抗がん剤等の治療を続けていくことは身体に多大な副作用を与えることもしばしば。

そんな方に非常にお勧めなのが、シンゲンメディカル株式会社が販売している「全分子フコイダンエキス」です。
怪しい抗がんサプリメントが多い中「全分子フコイダンエキス」は実際の飲用による経口摂取での臨床試験結果を公開しています。

試験管レベルではなく、実際の飲用レベルでの実証や裏付けされているので、非常に信頼度が高く、多くのガン患者の方が摂取をしているそうです。

そもそもフコダインとはワカメや昆布、モズク等の海藻類に含まれるネバネバから抽出した成分であり、「海藻が外敵から自分を守るためのバリア」なんです。

フコダインのバリア性能がガンに良いとされるのは4つの作用があるとされています。

  1. 抗がん剤の副作用軽減
  2. 血管新生作用
  3. アポトーシス誘導
  4. 免疫力の向上

くどいようですが、この4つの作用はしっかりと実際の飲用レベルでの実証や裏付けされているので非常に高い効果が期待できます。

白血病になり、少しでも症状拡大を妨げたい方、抗がん剤の副作用に苦しんでいる方、再発防止のために免疫力を上げたい方は是非とも後悔する前に「全分子フコイダンエキス」を試してみてください。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 膀胱癌  チェック項目
    「膀胱がん」の代表的な初期症状は「血尿」 膀胱は腎臓で作られた尿をためておく臓器です。その尿は…
  2. セサミン 癌
    「セサミン」が大腸がんや肝臓がんに効果的であることは、既に確認されています。 ゴマは、古く…
  3. 胆道癌(胆道がん)
    日本では年間約23000人の方が「胆道癌」を発症 胆道とは、胆汁という肝臓でつくられる汁を、十…
  4. 直腸がん 検査 費用
    30歳で乳癌が発覚。温存手術or全摘出手術で悩んだ私の決断。 私が乳癌が見つかったきっかけ…
  5. 海外セレブ ハリウッドスター
    癌を公表した外国人、ガンで死去した海外の芸能人、有名人達 映画や海外ドラマを中心に活躍するハリ…
  6. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
  7. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    私の祖父はすい臓がんで亡くなっています 死亡した際に私は祖父と同居をしていて、調子が悪くなって…
  8. 健康診断 定期検診
    私が乳がんと診断されたのは、40代の後半でした。 幸い最初期の段階で発見されたので乗り切ること…
ページ上部へ戻る