ホルモン剤 太る 副作用

トポイソメラーゼ阻害薬に分類されるイリノテカン(カンプト、トポテシン)

イリノテカン(カンプト、トポテシン)とは、抗がん剤の一種で、トポイソメラーゼ阻害薬に分類されています。

イリノテカン(カンプト、トポテシン)は、カンレンボク由来の抗腫瘍性アルカノイドであるカンプトテシンの半合成アナログであり、塩酸塩として、第一三共株式会社よりトポテシンの商品名で、ヤクルト本社よりカンプトの商品名でそれぞれ製造・販売されています。

イリノテカンの効果・効能は?

イリノテカンは卵巣がん、子宮がん、乳がんや進行再発胃がん、また、肺がんや大腸がん等の幅広いがんに適用されており、イリノテカンが単剤で投与されるということもありますが、主に大腸がんに使用される、レボホリナート、フルオロウラシルとの併用であるFOLFORI療法や、肺がんに使用される、シスプラチンとの併用であるIP療法のように他の薬剤と組み合わせて使用されるケースが多くなっています。

人間の正常細胞は通常、ほとんど細胞分裂を行わないのですが、がん細胞は無制限に細胞分裂を繰り返して増殖しようとするため、この違いを利用して増殖速度の速い細胞をターゲットとして攻撃するというのが、抗がん剤の基本的な考え方となっています。

細胞分裂を行うためには、DNAの複製が必要ですので、このDNA合成を阻害すれば細胞分裂を抑えられます。

実際にDNAを複製しようとする場合、基本的にらせんの二本鎖になっているDNAを、ねじれを解消した直線の一本鎖の形状にする必要があるため、この時にトポイソメラーゼ1と呼ばれる酵素が重要となります。

このトポイソメラーゼ1はDNAの鎖を切断することができますので、切断後にその部分を再結合することによって一本鎖の形状にすることができ、DNAを複製させる準備を整えることができます。

そのため、このトポイソメラーゼ1の働きを阻害すれば、DNAの二本鎖らせん構造のねじれが解消できないため、DNAの合成が止まってしまい、その結果、細胞死に至ります。イリノテカンはこのような考え方によって、DNAの複製を抑制し、がん細胞の増殖を抑えることができます。

イリノテカンの副作用は?

イリノテカンの副作用としては、副交感神経の亢進症状が、イリノテカンの投与中もしくは投与直後に発生することがあります。

具体的な症状としては、涙の増加、鼻水、よだれ、発熱、下痢等の症状があり、もしこのような症状が発生した場合には、抗コリン薬で対処するようにします。

このような症状とは別に、遅発性の下痢が発生しやすいということもイリノテカンの副作用の特徴となっていて、イリノテカンを使用した約6割の方が下痢になってしまうといわれています。

下痢の症状には、ロペラミドという下痢止めの薬や、漢方薬の投与、十分な水分補給等によって対処しますが、イリノテカンの遅発性の下痢は致命的となるぐらい、症状が重篤になってしまう場合もあります。

特にUGT1A1遺伝子多型の体質を持つ方は、このような重篤な下痢が発生するリスクが高くなります。

そのため、イリノテカンによる治療を開始する前に、遺伝子検査を実施することが望ましいとされています。

その他のイリノテカンの副作用としては、骨髄抑制の症状が発生することもあります。

したがって、イリノテカンによる治療期間中は手洗いやうがいを必ず行うようにし、感染症を予防しなければなりません。また、一般的な抗がん剤の副作用で代表的となっている、吐き気や嘔吐の症状が発生するリスクは、他の抗がん剤と比較して中等度に分類されています。

そのため、あまりリスクは高くありませんが、もし発生した場合は、吐き気止めなどで対処するようにしましょう。

【まとめ】植物アルカロイド一覧

パクリタキセル注射剤(アブラキサン)
>>様々ながんの治療に用いられている抗がん剤の1つ

ビンブラスチン(エクザール)
>>微小管阻害薬に分類されている抗がん剤の1つ

ビンデシン(フィルデシン)
>>細胞分裂において重要な役割を果たしている微小管の働きを阻害する抗がん剤

ビンクリスチン(オンコビン)
>>多発性骨髄腫、白血病、悪性リンパ腫等の血液の悪性腫瘍の治療に用いられる植物アルカロイド

ビノレルビン(ナベルビン)
>>手術不能もしくは再発してしまった乳がんに対しても用いられる植物アルカロイド

パクリタキセル(タキソール)
>>イチイ科の植物から抽出された成分を使って作られた抗がん剤

ドセタキセル(タキソテール)
>>パクリタキセルと名称が似ていて、作用機序も同様だが抗腫瘍効果も高い場合も。

ノギテカン(ハイカムチン)
>>小細胞肺がんや、がん化学療法後に悪化した卵巣がんの治療に使用される抗がん剤

ソブゾキサン(ペラゾリン)
>>成人T細胞白血病リンパ腫や悪性リンパ腫の治療に使用される抗がん剤

エリブリン(ハラヴェン)
>>再発または手術不能の乳がんに使用される抗がん剤

エトポシド(ベプシド、ラステッド)
>>北アメリカのメギ科の植物の根から抽出した抗がん剤

イリノテカン(カンプト、トポテシン)
>>卵巣がん、子宮がん、乳がんや進行再発胃がん、また、肺がんや大腸がん等の幅広いがんに適用される抗がん剤




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 健康診断 定期検診
    私が乳がんと診断されたのは、40代の後半でした。 幸い最初期の段階で発見されたので乗り切ること…
  2. p53誘導体認証というマークの付いた食品
    癌(ガン)を告白・治療中・闘病中・死亡した芸能人たち。写真や共通点も紹介中 癌(ガン)は非常に…
  3. p53誘導体
    臨床試験データに基づいたガンに良いとされる有効成分「p53誘導体」 全分子フコダイン、DBグル…
  4. 口腔癌
    30年前と比較すると「口腔癌」患者は約3倍に増加中 口の中全体のことを口腔といい、ここに発生し…
  5. セサミン 癌
    「セサミン」が大腸がんや肝臓がんに効果的であることは、既に確認されています。 ゴマは、古く…
  6. 乳がん ブラジャー ヨーグルト
    日本人女性がかかる癌のなかで最も多いものが「乳がん」 乳房の乳腺組織に発生するがんを「乳がん」…
  7. 胃癌 チェック項目 初期症状
    初期症状がわかりにくいため、早期の発見が難しい胃癌 「胃がん」は肺がんに次いで、日本で2番目に…
  8. FDG1000 レビュー
    【画像あり】味や匂い、飲みやすさは?実際に試飲してみました。 マウスへの臨床試験で「癌細胞成長…
ページ上部へ戻る