前立腺がん 手術 費用

基本的に全てのケースにおいて前立腺全摘除術

「前立腺がん」において、手術は治療法としてよく用いられています。
ただ、「前立腺がん」には、ほかの多くのがんと違い臓器内にがんが多発するという性質があるため、微小ながん細胞を臓器内に取り残さないために、基本的に全てのケースにおいて前立腺全摘除術となり、がんの部分切除という選択肢はありません

これには、前立腺の摘出が生命活動に関わらないことや、前立腺が小さな臓器なので、部分切除が困難であること等もその理由として挙げられます。
手術では一般にリンパ節郭清も行い、前立腺を周囲の精管や精嚢ごと摘出し、その後は尿道と膀胱をつなぎ直して、排尿路を確保します。

手術は大きく3種類。全て保険適用可

その手術には「開腹手術」、「腹腔鏡下手術」、さらに、手術ロボットを利用する「ロボット支援腹腔鏡下手術」があり、全て保険適用可となっています。

手術を行うケースでは根治を目的としているため、PSA監視療法の適応範囲を超えていても、がんがまだ前立腺のなかにとどまっている状態である「限局性前立腺がん」が対象となります。
また、「前立腺がん」が遠隔転移やリンパ節転移を起こしていなければ、前立腺周囲の組織に被膜を越えて浸潤しているケースでも手術を行う場合があり、その際は薬物療法や放射線療法が併用されます。

「開腹手術」には「恥骨後式前立腺全摘除術」と「会陰式前立腺全摘除術」という代表的な術式があります。

「恥骨後式前立腺全摘除術」では、おへその下の皮膚を切開して、お腹側から前立腺に到達する術式です。
この術式には、手術する医師の視野が広く、リンパ節郭清も容易というメリットがありますが、前立腺が身体の深い位置にあるので、どうしても切開創が大きくなってしまい、患者が術後に出血や痛みに悩まされることになるというデメリットもあります。

「会陰式前立腺全摘除術」では、肛門周囲を逆U字型に切開し、会陰側から前立腺に到達していく術式です。

この術式には、切開の傷が小さくて済み、骨盤底筋を切開しないため、「恥骨後式前立腺全摘除術」よりも排尿に関わる副作用が少ないというメリットがありますが、手術する医師の視野が狭くなり、リンパ節郭清の難易度も「恥骨後式前立腺全摘除術」より高くなるというデメリットがあります。

「開腹手術」の手術時間と入院日数は?

このような「開腹手術」の手術時間は約3~5時間であり、入院日数の目安としては約14日間となっています。
また、その手術の平均費用は約30万円となっており、もし入院が4週間程度まで長引いた場合では約35万円程度となります。

「腹腔鏡下手術」(腹腔鏡下全摘除術)は、腹部に5~6ヶ所の穴を開け、内視鏡や鉗子を挿入して手術を行う、近年急速に普及してきた術式です。
この術式には、画像を通して、医師の広い視野が確保され、傷が小さく、出血も少なくて済むというメリットがありますが、鉗子の動きが制約されて手術が難しくなるというデメリットもあります。

手術時間は約3~6時間であり、入院日数の目安としては約7日間となっています。手術の費用は80~100万円とかなり高くなっていますが、高額療養費制度を利用すれば金額を抑えることが可能です。

「ロボット支援腹腔鏡下手術」って?

「ロボット支援腹腔鏡下手術」は手術支援ロボット:ダヴィンチを用いた腹腔鏡下手術であり、米国では既に「前立腺がん」手術の約98%が、この手術支援ロボットを使用して行われています(2012年末時点)。

腹部に「腹腔鏡下手術」と同じく5~6ヶ所の穴を開け、カメラと鉗子を取りつけたロボット・アームを挿入し、医師がロボットアームを操作して手術を行います。

三次元の内視鏡画面により、精密に患部を観察でき、「腹腔鏡下手術」のように医師が直接鉗子を操作するよりも、手術器具の動きがスムーズなため、より安全で精度の高い手術が可能となっています。
手術時間は約2~4時間であり、入院日数の目安としては約7日間となっており、その手術費用は約42万円です。

このように「前立腺がん」の手術は近年、非常に進化してきているといえます。

ただ、個々の「前立腺がん」の進行度や状況によって手術の選択肢が狭まる可能性もありますので、自分のがんや身体の状況を正確に知っておくようにしましょう。

前立腺がんを治療中・後の方へ。抗がん剤の副作用や再発防止にはフコダインがおススメ。

「前立腺癌」の5年生存率はステージⅠで約85.6%、ステージⅡで約89.0%、ステージⅢで約83.9%、ステージⅣで約43.6%となっており、他の全種類の癌の平均よりも上回っていることから、治療しやすい癌だといえます。

とはいえ、治療後に再発する可能性もあり、治療後も定期的な検査が必要です。

また、前立腺癌を今現在治療中の方も抗がん剤等の治療を続けていくことは身体に多大な副作用を与えることもしばしば。

そんな方に非常にお勧めなのが、シンゲンメディカル株式会社が販売している「全分子フコイダンエキス」です。
怪しい抗がんサプリメントが多い中「全分子フコイダンエキス」は実際の飲用による経口摂取での臨床試験結果を公開しています。

試験管レベルではなく、実際の飲用レベルでの実証や裏付けされているので、非常に信頼度が高く、多くのガン患者の方が摂取をしているそうです。

そもそもフコダインとはワカメや昆布、モズク等の海藻類に含まれるネバネバから抽出した成分であり、「海藻が外敵から自分を守るためのバリア」なんです。

フコダインのバリア性能がガンに良いとされるのは4つの作用があるとされています。

  1. 抗がん剤の副作用軽減
  2. 血管新生作用
  3. アポトーシス誘導
  4. 免疫力の向上

くどいようですが、この4つの作用はしっかりと実際の飲用レベルでの実証や裏付けされているので非常に高い効果が期待できます。

前立腺癌になり、少しでも症状拡大を妨げたい方、抗がん剤の副作用に苦しんでいる方、再発防止のために免疫力を上げたい方は是非とも後悔する前に「全分子フコイダンエキス」を試してみてください。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. ピロリ菌 胃癌
    ピロリ菌に感染していると胃がん生リスク増!!? ピロリ菌の正式名称は「ヘリコバクター・ピロリ」…
  2. 宮川花子 胃がん
    宮川花子さんは、1988年10月末に胃癌を宣告されています。 宮川花子さんは、日本の夫婦漫才コ…
  3. 胃癌 チェック項目 初期症状
    初期症状がわかりにくいため、早期の発見が難しい胃癌 「胃がん」は肺がんに次いで、日本で2番目に…
  4. 前立腺がん チェック 初期症状
    日本人男性の死亡者数がもっとも多いガンのランキング紹介 現在、日本人の死因の第1位はが…
  5. 卵巣がん 入院 費用
    がんと診断をされてから手術・化学療法・放射線治療・ホルモン治療を行いました。 私が乳がんと診断…
  6. 陰茎癌
    「潰瘍浸潤型」と「乳頭状増殖型」の2つに分類 「陰茎癌」は人口10万人あたりの死亡率が約0.1…
  7. 胆道がん 検査 費用
    「口腔がん」とは、歯茎や舌等の粘膜に発生するがんの総称です。 「口腔がん」は全ての「口腔がん」…
  8. 精巣ガン 検査
    身体全体の部位で「悪性リンパ腫」が発生する可能性があるといえます。 人間の血液中には、出血を止…
ページ上部へ戻る