悪性リンパ腫

腰が痛いと愚痴る、ようになったのが今から約5年程前でした。

80歳の祖父が前立腺がんです。
私は直接祖父ががんである事を知らされたわけではなく、がんである事実を祖父の姉から偶然聞きましたので、祖父がいつがんだと診断されたのかはわかりません。
ですが咳き込む事が多くなったり夜中に何度もトイレに行く、腰が痛いと愚痴る、ようになったのが今から約5年程前でした。

そして前立腺がんの症状に、咳や夜中に何度もトイレへ向かう、腰痛などがあります。
祖父の症状に一致するので、5年前には既にがんだったのかもしれません。

祖父の病気を知らされ、その後それとなく病気の事を祖父に聞いてみたのですが検査に関しては前立腺の組織の一部を取る検査。

採血をしてPSA検査、がん発覚といった流れだったようです。

治療に関しては、既に高齢である事、前立腺がんは比較的緩やかに進行する事をふまえ、私の祖父の場合は寿命が勝つか病魔が勝つかという状態なのでほぼ無治療状態なんだそう。

手術はする気はなく、薬も特に貰っていないのだそうです。

勿論定期的に病院に通い、血液検査などは行っています。
私も最初は無治療なんて本当に大丈夫なのか、と心配になりましたが、無駄に薬を飲む方が寿命を縮める、と祖父本人はあっけからんとしていました。

祖父は元来強い心の人で、またストレスを溜めこまない性格です。
がんに限らず病気の人にはストレスは良くない、とう言葉をよく聞きますがあながち間違いではありません。
祖父の場合ストレスを溜めこまないと言えば聞こえはいいですが、実際はよく笑う分よく怒る。

思った事をすぐ口にし、家族がその言葉に傷ついても本人はそれに気づかないし自分が言った事を忘れる。
といった部分もありますので、私達家族からするとあまり良い事ではないのですが。

ですが祖父本人は元気に日々を過ごしていますので、結果的には祖父の性格は病気に強い性格なのかもしれません。

定年後も自分から色々なことに興味を持ち、友人を作り、毎日どこかへ出かける行動力を持っています。

がんである現在も趣味の集まりに毎日顔を出し、体力作りの為に運動をこなし、食事も自分で考えて作っている程です。
そのように老後の生活を満喫している祖父だからでしょうか、最近はがんの腫瘍が小さくなってお医者さんが大変驚かれたそうです。

今の社会、ストレスを溜め込むなと言うほうが無理のある話なのでしょうが、病気だからと言って後ろ向きにならずに毎日できる限り自分の好きな事をし、笑っている方がどんな薬や治療をするよりもずっと心と体に良いんだろうな、と祖父を見て思いました。

勿論腫瘍が小さくなったと言ってがんが治っているわけではありません。

相変わらずひどく咳き込みますし、イスから立ち上がる時は辛そうです。
ですが毎日自分で車を運転し、軽快に外出していきます。

そんな祖父を見て、安心しつつも不安が拭えないのは事実ですが、私も無駄に心配せずにたまに一緒に酒盛りをなどをして、祖父と笑いあう日々を過ごしていこうと思っております。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 直腸がん 検査 費用
    30歳で乳癌が発覚。温存手術or全摘出手術で悩んだ私の決断。 私が乳癌が見つかったきっかけ…
  2. 大腸癌 症状 特徴
    泌尿器系の癌の中では前立腺癌に次いで2番目に多い癌。 膀胱は下腹部に位置している臓器で、腎臓で…
  3. 乳がん ブラジャー ヨーグルト
    日本人女性がかかる癌のなかで最も多いものが「乳がん」 乳房の乳腺組織に発生するがんを「乳がん」…
  4. 癌 手術
    ANK=ナチュラルキラー細胞でがんを治療 がん細胞を攻撃する免疫細胞にはがん細胞を異物と認識し…
  5. 藤村俊二 胃がん
    藤村俊二さんは約30年ほど前、胃癌を経験しています。 藤村俊二さんは、1934年12月8日生ま…
  6. 肝臓がん チェック項目
    特に上腹部のみぞおちに痛みを感じる「スキルス性胃がん」 胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内…
  7. 健康診断 定期検診
    一部のがんのみが保険適用となる先進医療「陽子線治療」 がんの治療法には手術、薬物療法、放射線治…
  8. 健康診断 定期検診
    私が乳がんと診断されたのは、40代の後半でした。 幸い最初期の段階で発見されたので乗り切ること…
ページ上部へ戻る