胆道癌 チェック項目

手遅れの状態で胆管がんが発覚しました。

胆管がんは見つかりにくい場所で、見つかったときには手遅れになっていると言われる場所です。
父も手遅れの状態でした。

父は、72歳の誕生日目前でした。毎日仕事に行ったり、家庭菜園をしたりと元気に過ごしていました。
ある日突然食欲がなくなり、母に食べられないと言い出しました。

特に持病のなかった父は、通院していなかったために家でそのまま様子を見ることにしました。

その2日後の朝、顔色が悪くなったのです。

父が出勤するために外に出たときに、母が太陽の下で父の顔を見ると、青白い顔をしていました。

仕事に行かず病院に行くように言ったのですが、仕事に行ってくると父はそのまま仕事に行ってしまいました。
仕事に行ける元気があったのです。そして、その日の夕方にやっと内科に行きました。

病院では診察時に、先生から家には帰らずこのまま総合病院へ行くようにと言われたそうです。
父は、そのまま近くになる総合病院へ向かいました。

総合病院へは、内科の先生が連絡を入れてくれていたために、すぐに診察をしてくれました。
青白い顔は、胆管が詰まっていて皮膚の色が黄色くなったきたためでした。

そして、そのまま内視鏡による手術が始まりました。

詰まっている胆管にステントを入れて胆管を広げて胆汁を流すためです。
この治療法は、父が受ける3年前に保険適用になった治療法で、この治療方ができる前はこのまま死んでいたそうです。
この時点では、父は命を助けてもらいました。

胆管が詰まった原因を調べるために、しばらく入院になりました。

その後、結果が知らされたのですが、胆管はがんによってぐちゃぐちゃになっており、網状のステントが患部を広げて隙間から胆汁が流れている状態でした。

胆管がんは小さな部位で胆管にがんができると周りに広がっていきます。
父のがんも広がっていました。

しかし、CTに映る範囲では周りの臓器とともに手術をして、がんを切除できると思い手術を受けることになりました。

胆管が詰まって1か月後、手術を受けました。

しかし、切除できる範囲を超えていたためにがんは切り取ることができませんでした。

抗がん剤で、がんが広がるのを抑えることになりました。

本人にも告知がしっかりとありました。

切除できなかったこと、抗がん剤で治療になること、そして余命の説明もありました。

しかし、まだまだ生きたいと願っている父は、余命の受け入れは難しかったようです。

どんな治療でもするからがんを治してほしいと頼んでいました。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 乳癌
    お風呂でしこり発見。検査結果は・・・。 乳がんを疑う年齢になってからこの方、結構まじめに、…
  2. 乳癌
    約半世紀で死亡者が約5倍に増加した乳癌(乳がん) 「乳癌」とは、乳房組織に発生する癌腫で、乳房…
  3. チェック 検査 セルフ
    人間の骨に発生する悪性の腫瘍のことを「悪性骨腫瘍」といいます。 人間の骨に発生する悪性の腫瘍の…
  4. liver
    「沈黙の臓器」である肝臓に発生する癌 肝臓は、約3000億個以上の肝細胞が集まってできており、…
  5. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  6. 定期 検診 検査
    放射線治療装置の1つに「トモセラピー」があります がんの治療には科学的に治療効果が実証された標…
  7. 食道がん 初期症状
    腹部や首のリンパ節、さらには、肝臓、肺、骨などにも転移してしまうケースも 消化管の癌は、食物が…
  8. 納豆 免疫力
    免疫細胞内に納豆菌を取り込み免疫応答機能を高めている 免疫力の役割として、感染から体を守る、健…
ページ上部へ戻る