健康診断 定期検診

左側に肩こりのような痛みが続いていました。

そのうちに左側の胸に突っ張る感じがして、突っ張り感がとれないのでどうもおかしいと思い乳がん検診を受けてみました。
すると、先生から「専門の先生にもう一度みてもらった方がいい」と言われ、後日乳腺外科の専門の先生の検査を受けました。

その時に先生から乳がんの可能性があるから生検を行うと細胞を採取されました。

生検の結果が出るまで1週間掛かり、1週間後に病院から電話が掛かり「ご家族の方とご一緒に病院に来て下さい」と告げられガンであることを自分で察しました。

主人と後日病院に行くと「進行性乳がん」の初期の状態であることを告げられ、乳房を残す温存手術を勧められました。

それまでパートで働いていましたが、長期間休むことが出来ないのでパートを辞めました。
自分の中で迷っても仕方ないと思いその場で手術に承諾して1週間後に、乳房を温存する手術を受けました。

手術は予定したよりガンに広がりがあり、切除する部分は広がりましたが、無事に終了しました。

手術後に、落ち込んだ姿を見せると先生から「ガンから逃げるな」と何度も言われてその言葉が励みになりました。
検査のためリンパ節を少し取ったので、手術後は左側の腕が前のように上がらなくなってしまいました。

病院でも腕が上がるようになるためのリハビリは行いましたが、家に帰っても毎日自宅でリハビリを行いました。
退院後は、放射線治療を1ヶ月続けましたが、毎日病院に行って放射線治療を受けるのがとても苦痛でした。

放射線治療は、上りにくい腕を上にあげてから行わなければいけないので、腕を上げるにに毎回痛みを感じていました。
また放射線治療後に来る身体のだるさも、私にとってはとても苦痛で治療が終わって家に帰ると動けなくなってしまうこともありました。

放射線治療が終了後に今度は、ホルモン療法が始まりました。

ホルモン療法は薬を飲むだけなので、大丈夫だと思っていましたが副作用が出て来ました。
最初の1ヶ月ぐらいは、味覚障害が出て来て今まで美味しいと感じていた食べ物が美味しくなく感じるようになって来ました。
味覚障害が治まって来たと思ったら血圧が高くなり、時々ふらっとすることも起こるようになりました。

まだ薬を飲み始めて、9ヶ月なので薬に慣れていない面もあり時々気分が悪くなったりします。

ホルモン療法でこんなに、副作用が出るとは思っていなかったのでたまにへこんでしまうこともあります。

しかし主治医に相談すると「生きている」ことの大切さを言われるので、仕方がない受け入れるしかないことだとは思うようになしました。

寛解まで10年と言われておりこのホルモン療法は5年行わなければなりません

乳がんの手術をしてちょうど1年になりますが、いまだに手術した左側に痛みがあり放射線治療のため、皮膚はやけどのような状態になっているので、保湿剤を付けています。

乳がんは、寛解まで10年と言われておりこのホルモン療法は5年行わなければ行けません。

ホルモン療法の副作用を抑えるために、今は漢方薬などを飲んでいますがそれでもやはり体調の悪い日が時々あります。

それでも、今生きていることが幸せなんだと時間の経過とともに思うことが出来るようになりました。

寛解目指して頑張って治療を行って行きます。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 大腸癌 祖母
    「転移性脳腫瘍」と「原発性脳腫瘍」に分類することができる脳腫瘍 人間の脳は頭蓋骨に覆われていて…
  2. チェック 検査 セルフ
    摘出手術後は半年ごとにCTや胃カメラなどをして経過観察をしています 夫が胃がんと診断されたのは…
  3. フコダイン サプリ 効果 ガン
    フコダインとは??海藻から抽出した最新のガン対策素材 日本人にはお馴染みの健康食品「海藻」。 …
  4. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  5. 胆道がん 検査 費用
    子宮を全摘手術。治療、診断、手術を行いました。 子宮頸がんの前がん状態、高度異形成が発覚し…
  6. p53誘導体
    臨床試験データに基づいたガンに良いとされる有効成分「p53誘導体」 全分子フコダイン、DBグル…
  7. 霊芝 癌 効果効能
    「夢のがん制圧剤」とも言われる霊芝 「霊芝」とは、マンネンタケ科に属するキノコの中国名であり、…
  8. プラチナ製剤 作用機序 副作用
    叔母が発症した胃がんについて書いていこうと思います。 私の家系は前回も言った通り本当にがん患者…
ページ上部へ戻る