軽い糖尿病からの膵臓癌。抗がん剤治療中

私は2009年に会社の健康診断で軽い糖尿病が分かり、通院と服薬を始めました。
糖尿病専門病院で通院の中、糖尿病関連疾患を予防するため、毎月の血糖値・A1c測定以外に腹部エコー検査、眼底検査など1年間隔で受けていました。

2015年春に腹部エコー検査を行った際に影が発見され、総合病院で精密検査を受けるように指示を受けました。
2015年5月に検査入院をし、採血・CT検査・MRI検査、また疑わしい細胞を採取し精密検査を行った結果、膵臓に大きな悪性腫瘍が見つかり膵神経内分泌腫瘍(一部肝臓に転移)と診断されました。

その後、抗がん剤を服用しながら、経過をみる状態が続きました。

数か月間抗がん剤を服用の結果、腫瘍の拡大や転移が広がらないことから、2015年10月に手術により患部を除去することになりました。
約9時間にわたる手術の結果、取れる範囲の腫瘍は取れました。

その後の経過・検査の結果、肝臓に転移していた腫瘍が残っていることが分かり、2016年2月に再度入院し、経カテーテル肝動脈塞栓術(TAE)の手術を受け、腫瘍への抗がん剤投与を行いました。
その手術で目立った腫瘍は死滅しましたが、2016年7月現在、CT・MRI検査の経過観察で肝臓に一部腫瘍がまだ残っており今後の治療方針について検討中です。

運よく切除手術できたのは本当に良かったです。

膵臓癌は胃の奥にあり、なかなか発見がし難く、治療も難しいと云われておりますが、私の場合、腫瘍ができていたのが膵体・尾にあったため幸い切除できたものと感謝しています。

治療の間、インターネットの知識を集め、プロポリスを飲んだり自分で思い悩んだりもしますが、やはり主治医の先生を信用し、お任せしてゆくことが一番大事だと思います。

現在は、服薬・インスリン注射と日々の健康管理(体重・血圧・食事内容記録・血糖値測定)をしながら特に困ったこともなく過ごしています。

病気になって一病息災とはよく言ったもので、よく自分の体を管理しながら暮らすことがどれほどありがたいことかしみじみと感じています。

若いころは、病気のことなど考えることなく、暴飲暴食をしていましたが、やはり病気になって初めてこのことが分かるものだと思います。
毎日感謝あるのみです。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 白血病とは?
    他の部分にがんができた場合には、もっと長生きできたのかもしれません。 抗がん剤治療は1か月間で…
  2. 胆道癌 手術 検査
    「白血病」が急性の場合には、治療をしなければ数日~数カ月で死に至ることも 「白血病」は「血…
  3. p53誘導体認証というマークの付いた食品
    癌(ガン)を告白・治療中・闘病中・死亡した芸能人たち。写真や共通点も紹介中 癌(ガン)は非常に…
  4. 前立腺がん チェック 初期症状
    日本人男性の死亡者数がもっとも多いガンのランキング紹介 現在、日本人の死因の第1位はが…
  5. 前立腺がん
    10代~20代の発症が多い骨腫瘍・骨肉腫。 骨に生じる腫瘍のことを「骨腫瘍」といい、非常に多く…
  6. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
  7. 奇跡的な早期発見で助かった生稲晃子さんの乳癌 生稲晃子さんは、1968年4月28日生まれの日本…
  8. 健康診断 定期検診
    一部のがんのみが保険適用となる先進医療「陽子線治療」 がんの治療法には手術、薬物療法、放射線治…
ページ上部へ戻る