癌 検査 検診 費用

人間の肝臓では、胆汁と呼ばれる消化液がつくられ、十二指腸で分泌されています。

人間の肝臓では、胆汁と呼ばれる消化液がつくられ、十二指腸で分泌されています。
この胆汁を一時的に蓄えておく袋を胆のうといい、胆汁の通り道を胆管といいます。胆のうは洋ナシのような形をしていて、胆のう管で胆管と接続されており、この胆のう内の上皮(粘膜)から発生したがんのことを「胆のうがん」といいます。

胆管に発生したがんは胆管がんといい、「胆のうがん」と胆管がんを合わせて、「胆道がん」と呼んでいます。

日本では年間約1万8千人が新たに「胆道がん」診断されており、「胆道がん」によって死亡する人は年間約1万7千人ほどとなっています。

「胆道がん」には初期症状がほとんどなく早期発見が難しいため、死亡率が高くなっており、そのことが前述の、年間の診断者と死亡者にあまり差がなくなっているという結果にあらわれています。

性別でみてみると、「胆のうがん」は女性に多く発症しており、男性と比較して1.5~2倍多く発症しています。

また、高齢者に多く発症する傾向もありますので、女性と高齢者は適切な検査を受けて、より早期発見に努める必要があります。

「胆のうがん」の検査には次のようなものがあります。

「血液検査」

「血液検査」では、「胆のうがん」の影響で胆道閉塞が発生すると、胆道系酵素のγ‐GTPやALPの数値が上昇したり、血液中のビリルビンが増加したりするため、その値を調べます。
また、診断の補助的な役割をする腫瘍マーカーとして、CEAやCA19-9がありますが、「胆のうがん」に特異的なものではないため、あくまで「血液検査」は補助的な役割となります。



「腹部超音波(エコー)検査」

「腹部超音波(エコー)検査」は、体外から、超音波を発生する装置であるプローブをお腹にあてるだけで行う検査です。
そのため、大がかりな機械に入ったりすることもなく、針を刺したりすることもないため、外来で比較的簡単に検査ができるのがメリットとなっています。

「腹部超音波(エコー)検査」

「腹部超音波(エコー)検査」は、胆のう腫瘤の存在範囲や形状の評価に加えて、胆管の拡張、肝臓の内部を調べるのに適しており、胆道閉塞があった場合に処置が必要がないかどうかを判断するのにとても有用となっています。

「CT検査」

「CT検査」は体の周囲からX線をあてて、体の断面図を撮影する検査であり、「胆のうがん」の腫瘍の広がりや存在部位を捉えることができます。

また、同時に造影剤を用いた検査では、腫瘍部と非腫瘍部組織の血流の差を利用して、腫瘍を浮かび上がらせるということも可能なため、がんの腫瘍がどの程度、周囲の血管や臓器に浸潤しているかを推測することができます。

「超音波内視鏡検査(EUS)」

「超音波内視鏡検査(EUS)」は、内視鏡を使用し、その先端に付いている超音波検査用のプローブを十二指腸や胆管近くの胃、若しくは胆管内からあてて行う検査であり、がんの腫瘍の近くで観察ができるため、体の外から超音波をあてる検査と比較すると、より詳しい検査が可能となっています。

「MRI検査」

「MRI検査」は、磁気を使って体の内部を撮影する検査であり、CT検査と同様にがんの病変の存在部位・広がり、胆管の拡張等を診断できますが、CT検査とは得られる情報が異なるため、治療前の精密検査として行われることが多くなっています。

また、「MRI検査」には「磁気共鳴胆管膵管撮影(MRCP)」という検査もあり、これはMRI検査を行うことで得られた情報を基にして、コンピューターを使用して膵管、胆道の画像を構築する検査手法となっています。

胆のう癌検査の費用はどのくらい??

このような検査の費用としては、例えば、ある医院で「腹部超音波(エコー)検査」を行った場合、約1,600円程度の検査費用となっています(自己負担額を3割、一般的な検査を行った場合)。
「CT検査」は同じような条件で、約4,500円程度の費用となっています(腹部マルチスライスCT検査の単純撮影で行った場合)。

「胆のうがん」は進行が速く、悪性度の高いがんといわれていますが、早期に発見し適切な治療を受ければ克服することも可能です。

検査費用もそれほど高額というわけでもないので、体に異常を感じたら、速やかに専門の医療機関を受診し、適切な検査を受けるようにしましょう。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 女性 癌治療 全分子フコダインエキス
    口コミや評判が多い全分子フコイダンって何? 最近、がん対策のサプリメントとして非常に話題になっ…
  2. 乳癌
    お風呂でしこり発見。検査結果は・・・。 乳がんを疑う年齢になってからこの方、結構まじめに、…
  3. フコキサンチン
    超貴重成分!アポトーシス誘導を促すフコキサンチンとは? 最近、癌業界や健康業界で大いに聞くよう…
  4. 胆道癌(胆道がん)
    日本では年間約23000人の方が「胆道癌」を発症 胆道とは、胆汁という肝臓でつくられる汁を、十…
  5. 肝臓がん チェック項目
    特に上腹部のみぞおちに痛みを感じる「スキルス性胃がん」 胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内…
  6. 健康診断 定期検診
    先進医療として研究中の治療法「樹状細胞ワクチン」 がん細胞は免疫細胞によって異物と認識されて攻…
  7. 定期 検診 検査
    手術と抗がん剤で治療し、今では5年経過して完治しています。 しかしその経過を聞いていると、もう…
  8. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    私の祖父はすい臓がんで亡くなっています 死亡した際に私は祖父と同居をしていて、調子が悪くなって…
ページ上部へ戻る