大腸がん チェック項目

早期発見できれば、治癒が可能な大腸癌

「大腸がん」の罹患者数は年々増加しており、女性が罹患するがん全体の中で最も死亡率が高いのが「大腸がん」だといわれています。

ただ、「大腸がん」の進行するスピードは比較的ゆっくりであるため、早期発見できれば、治癒が可能です。

「大腸がん」の初期症状は・・・あんまりないのが現状。

早期発見のために重要となるのが、「大腸がん」の初期症状ですが、ほとんどないというのが現状です。

人によっては、便やおならの臭いが変化し、腐敗臭のような臭いになってきたりすることがあるそうですが、その症状が初期に絶対現れるということもないようです。

したがって、下記のような症状も、「大腸がん」がある程度大きくなってから現れる症状となります。

・腹痛が続く。

「大腸がん」が腸の中で大きくなると、便が通過するたびに、その腫瘍を圧迫したり押したりするため、腹痛の症状が現れます

また、この影響によって、便通も悪くなるので、下痢が続いたり、便が残っているような感じが続くこともあります。

さらにがんが進行すると、がんが腸を覆う腹膜に達して、局所的に強い痛みが発生する「がん性腹膜炎」になってしまうこともあります。

・便に血が混じっている。下血がある。

がんの腫瘍から出血するため、便に血が混じることがありますが、鮮やかな血の色が付着していた場合、肛門に近い部分にがんが発生している可能性が高くなります。

ただ、小腸に近い部分にがんが発生した場合、鈍い色になったり、便も液体状になるので、見た目では判別しにくくなります。

また、痔でも出血するため、その症状との区別も難しいです。
異常を感じたら、速やかに医療機関を受診しましょう。

・便秘と下痢を繰り返す。

前述の通り、腸の中でがんが大きくなると便通が悪くなるので便秘になり、その便を無理に排出しようとして腸の働きが活発になって下痢となる、ということを繰り返します。

その他の症状としては・・・
  • 便が細くなって、ぽろぽろとした小さい便が多く出る。
  • 便意があるのにトイレに行っても便が出ない。
  • 排便した後も便がまだ残っている感じがする。
  • 貧血が続く。
  • いつもお腹が張っている。
  • 肛門が痛い。
  • 吐き気がする。
  • 体がだるい。
  • 腹部のしこり。

・・・等の症状が現れることがあります。

他の大腸の病気の可能性もあります。

ただ、ここに挙げた症状は、同じ大腸の病気である「腸閉塞」や「過敏性腸症候群」、「潰瘍性大腸炎」でも同じような症状が起こるため、症状が現れたからといって、必ず「大腸がん」であるとはいえません。

それでも、ここに挙げたような症状が複数、現れた際には速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

「大腸がん」は、がんの進行が遅いケースがほとんどとなっていますので、症状が出始めた時点で発見できれば、十分に完治する可能性があります。

「大腸がん」は早期発見すれば、生存率は100%

「大腸がん」は早期発見すれば、生存率は100%といわれており、初期の段階であれば手術でなく、内視鏡での切除で済む等、治療も簡単に終わります。

「大腸がん」の初期症状はわかりにくいですが、日頃から腸の状態に注意するようにし、早期発見を心がけるようにしていきましょう。

また、特に症状を実感していなくても、40歳を越えたら定期検診を必ず受けるようにしましょう。




関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 白血病とは?
    他の部分にがんができた場合には、もっと長生きできたのかもしれません。 抗がん剤治療は1か月間で…
  2. 乳癌
    お風呂でしこり発見。検査結果は・・・。 乳がんを疑う年齢になってからこの方、結構まじめに、…
  3. 白血病とは?
    正常な血液の減少によって様々な症状が出る急性白血病 血液内の赤血球・白血球・血小板等の血液細胞…
  4. 大腸癌 祖母
    73歳の母の口腔癌になりました。 2016年虫歯だった左上奥歯を地元の歯医者で抜歯しました。 …
  5. FDG1000 レビュー
    【画像あり】味や匂い、飲みやすさは?実際に試飲してみました。 マウスへの臨床試験で「癌細胞成長…
  6. 悪性リンパ腫
    「悪性リンパ腫」は全身のどこにでも発生する可能性が。 人間の身体の血液内のリンパ球とは白血球の…
  7. 脳腫瘍 祖父 言語障害
    私の父の実体験なのですが、4年前父は喉頭癌との診断を受けました。 まずは、父の話に基づいて「癌…
  8. 腎臓癌 小西博之
    2004年の年末に全身に転移する可能性のある、腎臓癌が発見されました。 小西博之さんは、195…
ページ上部へ戻る