生物学的応答調節剤 副作用

身体の免疫力そのものを向上させ、がんと闘う生物学的応答調節剤(BRM)

人間には体内に自ら外敵と闘うための免疫機能が備わっています。
風邪やインフルエンザ、感染症などは身体の免疫機能が働き、ある意味放っておいても自然治癒が可能なのです。

しかし、ガン患者にはこの免疫機能が効かない場合がほとんど・・・だからこそ、手術や抗がん剤を用いて治療を行っていきます。

そんな中、最新医療技術が生み出した抗がん剤が「生物学的応答調節剤」です。

なんと、生物学的応答調節剤は人間の体の中にある自然の免疫力・システムを刺激し、元の免疫力を向上させてガンを治療していくという驚愕の効果を持っているのです。

つまり、患者さんのガンに対して、自ら直そうというチカラを応援し、手助けし、強めるものです。

抗がん剤治療というと、ネガティブなイメージを持つ方も多いかもしれません。
しかし、ここ最近の抗がん剤治療は大幅に進歩しており、特に今回紹介する最新医療技術が生み出した抗がん剤「生物学的応答調節剤」は今までのイメージを払拭する抗がん剤と言えます。

生体応答調節剤(BRM)療法とは?

生体応答調節剤(BRM)療法とは、

「腫瘍細胞に対する宿主(患者さん)の生物学的応答を修飾することによって、治療効果をもたらす物質または方法」

と定義されていますす。



他の抗がん剤はいわば薬によって癌細胞を攻撃するもの。
しかし、生体応答調節剤(BRM)療法では、攻撃ではなく、人間の持っている免疫力を手助けしていくという、根本から全く考え方の違う療法と言えます。

この生体応答調節剤(BRM)療法が優れているのが、放射線治療や薬物治療の手助けになるという事でしょう。

癌治療における放射線治療や薬物治療は、ガン細胞だけではなく健康的な細胞にまでも攻撃対象にしてしまうため、結果として大幅な免疫力を引き起こしてしまうのです。

特に骨髄抑制を起こすような抗がん剤と併用していくことで、骨髄抑制によって落ちた免疫力のカバーをすることも考えられているようですね。

1980年代になって新しくつくられた生体応答調節剤(BRM)療法ですから、まだまだ研究が進んでいないのも確かです。

これからどんどん研究が進んでいき、生体応答調節剤(BRM)療法によって癌が治っていくことや、副作用の軽減につながっていくと良いですね。

各種癌の副作用を少しでも軽減するために

生物学的応答調節剤は非常に有用な抗がん剤であり、人間の持っている免疫力を手助けしていくという根本から全く考え方の違う抗がん剤です。
・・・がしかし、まだまだ完璧な薬とは言えません。

ガンの症状や副作用を抑えるには他の治療法を行う場合も多くなっています。

そんなガンの症状や副作用を抑える事に悩んでいる方におススメなのがシンゲンメディカル株式会社が発売している「全分子フコイダンエキス」です。

既に115万セットも爆売れしている商品で、ガン細胞抑制効果をもったDBグルコースを中心に、ガンの血管新生予防、抗がん剤の副作用抑制効果などを持った全分子フコダイン、アポトーシス誘導を持ったフコキサンチンを配合した独自成分が配合されています。

副作用に悩んでいる方は是非ともチェックをしてみてください。

抗がん剤の副作用抑制効果等、信頼できる臨床試験結果も公開されているので必見です。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. アガリクス_ヒメマツタケ
    しっかりとした科学的根拠があるキノコ「ヒメマツタケ」 日本癌学会、日本薬理学会をはじめ、各種機…
  2. チェック 検査 セルフ
    病院へ行き大腸内視鏡検査を受けると、S状結腸部分に3センチ大の腫瘍がある事が分かりました。 2…
  3. 胆道癌 チェック項目
    父は67歳。大きい総合病院に検査に行き、ステージ4の肝臓にガンが見つかりました。 お酒が好きな…
  4. 健康診断 定期検診
    大腸がん完治後、乳がん発症した私。 40代後半初期の大腸がんが見つかり、大腸を15~20㎝切除…
  5. 膀胱癌  チェック項目
    「膀胱がん」の代表的な初期症状は「血尿」 膀胱は腎臓で作られた尿をためておく臓器です。その尿は…
  6. 大腸癌 症状 特徴
    治療法等が全く違う、「子宮頸癌」と「子宮体癌」に分類されます。 子宮という器官は、子供を宿し、…
  7. 健康診断 定期検診
    生理不順が続いており、婦人科のクリニックに通うと。 私が子宮体癌と卵巣癌を患ったのは30歳の頃…
  8. チェック 検査 セルフ
    「この便秘薬飲んで、出てこないようなら1度診てもらったほうがいいよ」 あの時、友人の医者の助言…
ページ上部へ戻る