乳がん 手術費用

多種多様な「乳がん」の手術方法と費用はどのくらい?

人間の乳房には「乳腺」と「脂肪」組織があり、「乳がん」は「乳腺」組織のみから発生し、「脂肪」組織からは発生しません。
大人の女性の乳房には、乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでおり、それぞれの乳腺は小葉に分かれ、その小葉は乳管という管でつながっています。

「乳がん」の約90%はこの乳管から発生し、残りの約5~10%は小葉から発生します。
「乳がん」治療の基本は「手術(外科療法)」であり、ステージⅠ期~Ⅲ期の「乳がん」の場合は手術が必須で、遠隔転移が発生している状態(Ⅳ期)の場合においても、手術が実施されることがあります。

現在、「乳がん」の手術は世界的に「切開部位の縮小化」の傾向にあり、乳房温存術は1980年代から開始され、1990年代に急速に広がりました。
欧米より10年遅れているとされている日本でも「切開部位の縮小化」は進んでおり、胸筋と乳房を切除する「胸筋合併乳房切除術(ハルステッド法)」は、1980年代には「乳がん」手術全体の約50%を占めていましたが、現在ではほとんど行われていません。

また、逆に「乳房温存術」が2000年以降、「乳がん」手術全体の約40%以上を占めるようになりました。

「乳がん」の手術には次のような種類があります。

「腫瘍核出術」

「腫瘍核出術」は乳房のしこりだけを切除する手術であるため、針生検や吸引細胞診において、手術前に「乳がん」の診断がつかないときのみに行われることが多いです。
そのため、がんの手術としては一般的とはいえません。

「乳房温存手術(乳房部分切除術)」

「乳房温存手術(乳房部分切除術)」はしこりを含めた乳房の一部分を切除する方法であり、病変の広がりや部位によって、がんの周囲に2cm程度の安全域をとって円形に切除するか、乳頭を中心にした扇形に切除します。
乳腺内にしこりが複数ある場合、「乳がん」が乳腺内に広がってしまっているとき、しこりが大きい場合には、「乳房温存手術(乳房部分切除術)」を適用することは原則としてできません。



「乳房温存手術(乳房部分切除術)」

「乳房温存手術(乳房部分切除術)」では、残された乳房の中での再発を防ぐために、通常、手術後に放射線照射を行います。

「単純乳房切除術」

「単純乳房切除術」とは、「乳がん」の発生した側の乳房を全部切除したが、わきの下のリンパ節の切除は行わなかった場合のことをいいます。

「胸筋温存乳房切除術」

「胸筋温存乳房切除術」は、最も一般的といわれている「乳がん」の手術方法です。
「胸筋温存乳房切除術」では、わきの下のリンパ節と乳房を切除し、「乳がん」の広がり具合等によっては、胸の筋肉の一部を切り離すこともあります。

「胸筋合併乳房切除術(ハルステッド法)」

「胸筋合併乳房切除術(ハルステッド法)」では、わきの下のリンパ節と乳房だけでなく、乳腺の下にある小胸筋や大胸筋も切除する方法で、以前はこの手術方法が標準的な手術方法として、多く実施されてきました。
ただ、現在では、前述したような「切開部位の縮小化」の推進により、「乳がん」が胸の筋肉まで達してしまっているケースのみで実施されています。

通常、「乳がん」の手術では何をするの??

通常、「乳がん」の手術では、がんの切除と同時に、「腋窩リンパ節郭清」と呼ばれる、わきの下のリンパ節を含むわきの下の脂肪組織の切除を行います。
「腋窩リンパ節郭清」の主目的は、「乳がん」領域でのリンパ節再発の予防ですが、それ以外にも、がんの再発の可能性の予測や、術後に薬物療法が必要かどうかの検討材料等にもなり、非常に重要な意味を持っています。

「腋窩リンパ節郭清」を行うと、術後に運動障害や肩の痛み、手術をした側の腕にリンパ浮腫(むくみ)が出るということが、報告によってバラつきはありますが、約10~20%の確率で起こることがあります。

「センチネルリンパ節生検」ってなに?

また、「腋窩リンパ節郭清」を行わなくてもよい可能性がある患者を選ぶ手段として期待されているのが「センチネルリンパ節生検」です。
センチネルリンパ節とは、「乳がん」からこぼれ落ちたがん細胞が最初に到達する乳腺の領域リンパ節であり、日本語でいうと「見張り番リンパ節」という意味です。

「乳がん」の近傍に色素や放射線同位元素を注射することで見つけ、センチネルリンパ節に転移がないときは、多くの場合、わきの下のリンパ節に転移がないということがわかっています。

気になる「乳がん」の手術費用は??

「乳がん」の手術費用は自己負担額を3割とすると、「乳房温存手術(乳房部分切除術)」(腋窩リンパ節郭清を伴う)で約8万8,000円、「胸筋温存乳房切除術」(腋窩リンパ節郭清を伴う)で約9万円となっていますが、麻酔料や点滴等の薬代を加えると、この2~3倍の金額になると思われます。

また、手術の入院期間は約1週間程度となるケースが多いようです。

その他、「乳がん」の手術では、がんを切除する手術で失われた乳房を、人工物や自分の筋肉によって形成する「乳房再建術」があり、乳頭を形成することも可能です。
手術方法、費用等はそれぞれの「乳がん」手術後の状況によって変わってきますので、再建術を希望する方は担当医とよく相談するようにしましょう。

乳がんを治療中・後の方へ。抗がん剤の副作用や再発防止にはフコダインがおススメ。

「乳癌」の5年生存率はステージ0で100%、ステージⅠで95.7%、ステージⅡで90.9%、ステージⅢで69.7%、ステージⅣで32.2%であり、他の全ての種類の癌と比較して、平均よりも上回っている生存率であることから、比較的治療しやすい癌であるといえます。

とはいえ、治療後に再発する可能性もあり、治療後も定期的な検査が必要です。

また、、今現在治療中の方も抗がん剤等の治療を続けていくことは身体に多大な副作用を与えることもしばしば。

そんな方に非常にお勧めなのが、シンゲンメディカル株式会社が販売している「全分子フコイダンエキス」です。
怪しい抗がんサプリメントが多い中「全分子フコイダンエキス」は実際の飲用による経口摂取での臨床試験結果を公開しています。

試験管レベルではなく、実際の飲用レベルでの実証や裏付けされているので、非常に信頼度が高く、多くのガン患者の方が摂取をしているそうです。

そもそもフコダインとはワカメや昆布、モズク等の海藻類に含まれるネバネバから抽出した成分であり、「海藻が外敵から自分を守るためのバリア」なんです。

フコダインのバリア性能がガンに良いとされるのは4つの作用があるとされています。

  1. 抗がん剤の副作用軽減
  2. 血管新生作用
  3. アポトーシス誘導
  4. 免疫力の向上

くどいようですが、この4つの作用はしっかりと実際の飲用レベルでの実証や裏付けされているので非常に高い効果が期待できます。

乳癌になり、少しでも症状拡大を妨げたい方、抗がん剤の副作用に苦しんでいる方、再発防止のために免疫力を上げたい方は是非とも後悔する前に「全分子フコイダンエキス」を試してみてください。






関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. セサミン 癌
    「セサミン」が大腸がんや肝臓がんに効果的であることは、既に確認されています。 ゴマは、古く…
  2. 肝臓がん チェック項目
    「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓・・・症状は出るの? 肝臓に発生した悪性腫瘍のことを「肝臓がん」と…
  3. 川島なお美 ガン
    川島なお美さんは最初に癌の診断を受けてから2年後に亡くなっています。 川島なお美さん(1960…
  4. ピロリ菌は比較的新しく発見された菌であり、胃に常駐しています。 ピロリ菌は、最悪の場合は胃がん…
  5. プロポリス 癌効能
    人間にとっては、「理想的な免疫活性物質」 「プロポリス」とは、ミツバチが自分の唾液と、松、柳、…
  6. 大腸癌 症状 特徴
    「子宮頸癌」の発生原因はHPV感染によるもの 女性に発生する癌として最も多いとされている「子宮…
  7. 皮膚がん ホクロ 
    大きく「基底細胞癌」と「有棘細胞癌」の2種類がある皮膚がん 「皮膚癌」は発生部位等でいろいろな…
  8. 前立腺がん
    40台未満の罹患が全罹患数の約3分の2を占める精巣癌(がん) 精巣は睾丸とも呼ばれている、男性…
ページ上部へ戻る