はちみつ 抗がん作用 ピロリ菌

ピロリ菌防止&殺菌力が魅力のはちみつ

「ハチミツ」とは、自然界で最も甘い蜜といわれており、ミツバチが花の蜜を採集し、巣の中で加工、貯蔵したもののことです。ビタミンやミネラル類な等の栄養素をわずかに含んでおり、約2割の水分と、約8割の糖分で構成されていて、その味や色は蜜源植物によって様々となっています。

その中で、ニュージーランドの一部に生息するマヌカ(学名:ギョリュウバイ)の花の蜜から作られた「ハチミツ」である「マヌカハニー」には、特別な殺菌成分が含まれており、ピロリ菌、大腸菌、腸球菌等の抑制や殺菌、消化性潰瘍やその他の感染症の治療に高い効果があるということが発表されています。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

胃癌の原因であるピロリ菌を除去しよう

ピロリ菌は正式名称をヘリコバクター・ピロリといい、日本人の半数が感染し、50歳代以上の方の感染率は約80%に達するといわれている胃の中の細菌です。

ピロリ菌に感染すると、その初期では胃炎や下痢を引き起こすことがあり、放置しておくと、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃炎等の胃のトラブルや胃がんの発生につながっていきます。

話題の「マヌカハニー」の優れた殺菌能力

そのピロリ菌に「マヌカハニー」が効果的であるとの情報が出たため、日本で「マヌカハニー」は一躍有名になりました。

実際に、イギリスの医療雑誌“Journal of the Royal Society of Medicine”の1994年の1月号Vol.87においては、ピロリ菌に対して「マヌカハニー」が、その繁殖の防止や殺菌に効果的だという研究結果が掲載されています。

この報告の中では、ティースプーンの約半分である2.5ml(空腹時の胃袋を約50mlと仮定した場合)の「マヌカハニー」を摂取することが、ピロリ菌の治療に効果的であるとされていますので、この情報より「マヌカハニー」を販売するネットショップ等では、1日の摂取量の目安をティースプーン約3~4杯としていると思われます。

また、この際に、一般的な「ハチミツ」の殺菌成分である過酸化水素よりも、より腸内でアクティブな殺菌力を発揮する「メチルグリオキサール」が多く含まれた「マヌカハニー」を摂取することが理想的とされています。

また、「マヌカハニー」には乳酸菌等の善玉菌の活動を活発化させる働きもあるほか、その殺菌作用はピロリ菌の他に、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌、腸球菌、大腸菌等のほとんどの腸内細菌の殺菌に効果的であるといわれています。

「マヌカハニー」の直接ながん治療への効果については、期待はされていますが、まだ十分な研究がされているとは言えない状況であるようです。
2013年にUAE大学から発表されたレポートにおいては、試験管内の細胞と生体実験を行った結果として、皮膚、直腸、そして乳癌の元となる3種類のがん細胞の抑制に「マヌカハニー」の効果があったとしています。

さらに、「マヌカハニー」の静脈内投与を行った生体実験においても、がん細胞の抑制に効果があったようですが、「マヌカハニー」を普通に摂取した人体内において、がん細胞の抑制効果があるかどうかは不明となっています。

現段階では、今後の研究において、「マヌカハニー」とがん治療・予防の関係がより明らかになっていくことを期待するしかないと思われます。

このように「マヌカハニー」には、いろいろな効果・効能がありますが、ネット上では不正確な情報も多く見受けられます。

ここではなるべく実例のある情報を取り上げましたが、前述したがん治療との関係のように、現時点でその効用がまだ十分に認められていないものもあります。

現状では「マヌカハニー」を使った臨床実験は非常に少なく、実験を行う人数(サンプル数)も少ない状況であるため、今後は各研究機関で「マヌカハニー」を使った臨床実験を積極的に実施してもらい、がん予防・治療との関係性等の解明を進めてもらいたいと思います。

>>癌に効く食べ物・おすすめ食材一覧【まとめ】

「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つブロリコ。

前述のとおり、「ハチミツ」や「マヌカハニー」には、いろいろな効果・効能がありますが、ネット上では不正確な情報も多く見受けられているのが実情です。
癌対策や予防で、しっかりとした効果を期待したい!!という方には実はあんまりお勧めできないんです。

癌対策や予防で重要なのは「NK細胞」や「好中球」に代表される人間が自然に持っている免疫力を上げる事です。
免疫力を上げて、癌細胞に立ち向かっていくという力を手に入れていくことが求められるのです。

正直、「ハチミツ」や「マヌカハニー」にはそこまでの大きな力は無い・・・というのが最近の通説とされています・・・

そこでお勧めなのがブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、同様に免疫活性を目的とする成分である「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ブロリコには人間の免疫力そのものである「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる作用があることが臨床試験で認められているのです。

正直、癌の予防&対策の為には「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させるが最重要であり、一般的な癌に良い食べ物といういのはイコールで「NK細胞」や「好中球」の働きを活性化させる食べ物なんです。

そんな中で「ブロリコ」はダントツ1位の活性化率であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーと言われるほど。

はちみつをガン対策の為に摂取するよりも、ブロリコを服用したほうが効率が非常に良いんです。

とりあえず無料のブロリコ詳細冊子を手に入れましょう。

東京大学とイマジン・グローバル・ケア株式会社が共同で特許を取得した自然免疫活性成分『ブロリコ』
正直、「免疫について」や「免疫の働き」、「ブロリコの効果、効能」をこのページだけでは紹介しきれません。

気になる方は是非とも無料(100名)の免疫についてわかりやすくまとまった冊子をゲットしましょう♪

実際にブロリコを飲んでみました。匂いや味、大きさは?




ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから



関連記事

全分子フコイダンエキス 口


【おすすめ まとめ記事】



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 胆道癌 手術 検査
    新たに臨床試験が試みられている先進医療として研究される免疫チェックポイント阻害剤 がんは2人に…
  2. わかめ フコダイン 抗がん物質
    「ワカメ」のぬるぬる成分「フコイダン」は自然界最強?の抗がん物質 「ワカメ」は「海の野菜」とも…
  3. 癌 体験記 ブログ
    私の母は、乳癌という診断を受け、現在も治療中です。 自分の身近な家族が癌になった経験をお持ちの…
  4. 藤村俊二 胃がん
    藤村俊二さんは約30年ほど前、胃癌を経験しています。 藤村俊二さんは、1934年12月8日生ま…
  5. 前立腺がん
    10代~20代の発症が多い骨腫瘍・骨肉腫。 骨に生じる腫瘍のことを「骨腫瘍」といい、非常に多く…
  6. 精巣ガン 検査
    私は3年前に肺癌になった事があります。 最初は自覚症状が無かったのですが、だんだんと胸部の辺り…
  7. 健康診断 定期検診
    卵巣嚢腫ではないかと疑って検査をしたら・・・ 私の姉は38歳の時に卵巣がんになりました。2人目…
  8. 口腔癌
    30年前と比較すると「口腔癌」患者は約3倍に増加中 口の中全体のことを口腔といい、ここに発生し…
ページ上部へ戻る