タグ:ペット

  • ペット 癌

    9歳の飼い犬が腸腺癌と診断されて。【ペットの癌体験記】

    もう5年近く前のことですが、飼い犬が9歳の時に癌になりました。 きっかけは貧血になったことです。 症状はなかったのですが、今思うと便の臭いがちょっと変だったのと、痩せてきたことでした。 でも直前の定期検診で…
  • 柴犬 癌

    犬のガンの早期発見チェックは?

    犬のガンを早期に発見・チェックすることはなかなか難しい? 現在、日本ではペットのガンが非常に増えているといわれており、実際に多くの犬たちがガンで命を落としているという現状から、ガンを早期発見し、早期治療を行うことが…
  • ねこ ガン

    猫のガンの早期発見チェックは?

    猫の場合は約3頭に1頭がガンで死亡 アメリカの研究においては、ガンが犬や猫の死因のトップになっており、具体的には、猫の場合は約3頭に1頭が、犬の場合は約2頭に1頭がガンで死亡するというデータが出ています。 猫や犬…
  • 猫 癌 治療

    猫のガンの治療法は?

    猫の寿命が延びて、高齢化が進み癌発生率が上昇中 猫の死因のトップは慢性腎不全であるとされていますが、近年、その慢性腎不全に迫る勢いで増えている死因がガンです。 最近はペットフード等の品質も向上しており、猫の寿命が…
  • 猫 癌

    猫のガンの原因は?

    犬や人間と比較すると、猫がガンを発症する確率は低いとされています。 しかし、その一方で猫がガンを発症した場合、重症化しやすいともいわれています。 猫がガンを発症する原因は、現在でも未知の部分が多くあるとされていま…
  • 猫 ガン ペット

    猫のガンの種類は?

    老化によって免疫力が低下した猫が増加し、ガンが増えている 猫は人間や犬と比較すると、ガンの発症率が低いといわれていますが、一度ガンが発症してしまうと重症化してしまうことが多いというデータも報告されています。 猫の…
  • 犬 ペット ガン

    犬のガンの治療法は?

    飼い主が最良の治療法を選択することが大切となります。 犬のガンは人間のガンと比較すると、非常に進行が早いといわれていますので、飼い主が最良の治療法を選択することが大切となります。 犬がガンになった場合、まず、その…
  • 癌 犬

    犬のガンの種類は?

    犬は他の動物と比べて、比較的ガンにかかりやすい 腫瘍には、まず、良性腫瘍と呼ばれる、ゆっくりと増殖していって他の臓器等の器官には転移しないものがあります。 それに対して、一気に増殖し、他の臓器等の器官にも転移して…
  • 犬 ガン

    犬のガンの原因は?

    犬の死亡原因の第一位はガンとされており、その中でも高齢犬が一般的にガンにかかりやすいといわれています。 その犬のガン発症の原因としては未だに未知の部分が多くありますが、その中でも発症の原因の可能性が高いものとされている…
  • シーズー ガン

    血尿から癌が発覚した愛犬との付き合い方。【ペットの癌体験記】

    今年で18歳になるシーズーを飼っている者です。 18年前に私が実家を出た事をきっかけに両親が購入した犬なのですが、とても長生きしてくれています。 大切な家族の元気に。免疫力を保つ「ブロリコ…



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

おすすめ記事

  1. フコキサンチン
    超貴重成分!アポトーシス誘導を促すフコキサンチンとは? 最近、癌業界や健康業界で大いに聞くよう…
  2. 直腸がん 検査 費用
    早期のリスク判定が可能なG-TACがん検査 経済産業大臣賞受賞のがん検査 …
  3. p53誘導体
    臨床試験データに基づいたガンに良いとされる有効成分「p53誘導体」 全分子フコダイン、DBグル…
  4. p53誘導体認証というマークの付いた食品
    癌(ガン)を告白・治療中・闘病中・死亡した芸能人たち。写真や共通点も紹介中 癌(ガン)は非常に…
  5. ブロリコ飲んでみました。
    これからブロリコを購入しようとしている方へ。 加齢による免疫力の低下を防ぎ、高めてくれる成分と…
  6. 胃がん ステージ3
    お通じはほぼ毎日あったのに、2-3日お通じがありませんでした。 そのまま放っておいたら、ついに…
  7. 胆道がん 検査 費用
    子宮を全摘手術。治療、診断、手術を行いました。 子宮頸がんの前がん状態、高度異形成が発覚し…
  8. セサミン 癌
    「セサミン」が大腸がんや肝臓がんに効果的であることは、既に確認されています。 ゴマは、古く…

カテゴリー

ページ上部へ戻る