タグ:治療法

  • 抗がん剤

    フルダラビン(フルダラ)とは?効果・副作用は?

    血病やリンパ腫等の血液腫瘍の治療に用いられるフルダラビン(フルダラ) フルダラビン(フルダラ)とは、主に白血病やリンパ腫等の血液腫瘍の治療に用いられる、プリン系抗悪性腫瘍剤です。 フルダラビン(フルダラ)は、…
  • 抗がん剤

    フルオロウラシルとは?効果・副作用は?

    5-FU、カルゾナール、ベンナン、ルナコール、ルナボンの効果・副作用は? フルオロウラシル(5-FU、カルゾナール、ベンナン、ルナコール、ルナボン)とは、抗がん剤(抗悪性腫瘍薬)であり、フッ化ピリミジン系の代謝拮抗…
  • 健康診断 定期検診

    ヒドロキシカルバミド(ハイドレア)とは?効果・副作用は?

    白血病やメラノーマの治療に使用されてきたヒドロキシカルバミド(ハイドレア) ヒドロキシカルバミド(ハイドレア)とは、代謝拮抗剤に分類される抗がん剤であり、ドイツのDreslerらによって1869年に合成された尿素誘…
  • 抗がん剤

    ネララビン(アラノンジー)とは?効果・副作用は?

    ネララビン(アラノンジー)とは、代謝拮抗剤に分類されている抗がん剤です。 ネララビンは、日本では2007年12月14日に保険承認され、これまで標準的な治療法がなかった再発または難治性のT細胞急性リンパ性白血病(T-…
  • シンゲンメディカル株式会社 口コミや評判

    シンゲンメディカル株式会社の評判・口コミまとめ!

    悪評?ブラック?詐欺?シンゲンメディカル株式会社って信用できるの? ガン対策のp53誘導体の研究や、妊活サプリメント「ミトコア300mg」の研究、開発、販売を行っているシンゲンメディカル株式会社。 販売してい…
  • 柴犬 癌

    犬のガンの早期発見チェックは?

    犬のガンを早期に発見・チェックすることはなかなか難しい? 現在、日本ではペットのガンが非常に増えているといわれており、実際に多くの犬たちがガンで命を落としているという現状から、ガンを早期発見し、早期治療を行うことが…
  • ねこ ガン

    猫のガンの早期発見チェックは?

    猫の場合は約3頭に1頭がガンで死亡 アメリカの研究においては、ガンが犬や猫の死因のトップになっており、具体的には、猫の場合は約3頭に1頭が、犬の場合は約2頭に1頭がガンで死亡するというデータが出ています。 猫や犬…
  • 猫 癌 治療

    猫のガンの治療法は?

    猫の寿命が延びて、高齢化が進み癌発生率が上昇中 猫の死因のトップは慢性腎不全であるとされていますが、近年、その慢性腎不全に迫る勢いで増えている死因がガンです。 最近はペットフード等の品質も向上しており、猫の寿命が…
  • 猫 癌

    猫のガンの原因は?

    犬や人間と比較すると、猫がガンを発症する確率は低いとされています。 しかし、その一方で猫がガンを発症した場合、重症化しやすいともいわれています。 猫がガンを発症する原因は、現在でも未知の部分が多くあるとされていま…
  • 猫 ガン ペット

    猫のガンの種類は?

    老化によって免疫力が低下した猫が増加し、ガンが増えている 猫は人間や犬と比較すると、ガンの発症率が低いといわれていますが、一度ガンが発症してしまうと重症化してしまうことが多いというデータも報告されています。 猫の…



免疫力上げる方法 一覧

癌 食事 食べ物

癌 飲み物 お茶 おすすめ

おすすめ記事

  1. 全分子フコイダンエキスとは
    「全分子フコイダンエキス」って良いの? シンゲンメディカル社が開発、販売している「全分子フコイ…
  2. 癌細胞を消し去る効果が期待できるキングアガリスク ガン予防、ガンの再発防止、抗がん剤の副作用軽…
  3. チェック 検査 セルフ
    人間の骨に発生する悪性の腫瘍のことを「悪性骨腫瘍」といいます。 人間の骨に発生する悪性の腫瘍の…
  4. 藤村俊二 胃がん
    藤村俊二さんは約30年ほど前、胃癌を経験しています。 藤村俊二さんは、1934年12月8日生ま…
  5. 健康診断 定期検診
    大腸がん完治後、乳がん発症した私。 40代後半初期の大腸がんが見つかり、大腸を15~20㎝切除…
  6. 大腸癌 祖母
    私の母が、末期の胃癌と診断されたのは2008年3月でした。 母は、以前から時々胃に痛みがあった…
  7. 大腸癌 症状 特徴
    「大腸癌」は、直腸・肛門・盲腸・結腸で構成される大腸(全長約2m)に発生する癌の総称 日本人の…
  8. 健康診断 定期検診
    卵巣嚢腫ではないかと疑って検査をしたら・・・ 私の姉は38歳の時に卵巣がんになりました。2人目…

カテゴリー

ページ上部へ戻る